2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「桂弥っこ」の記事

2019.04.24

第159回 落語の落後の楽語(19-026)

15:00 玉水記念館
・桂弥っこ  八五郎坊主
・桂まん我  壺算
・桂 吉弥  いの一番

517612

2018.01.24

落語の落後の楽語(18-006)

15:00 玉水記念館
・桂弥っこ  いらちの愛宕詣り
・桂しん吉  昆陽の御池
・桂 吉弥  不動坊






桂しん吉さん、この会は、言わば「集会所での集まり」のような会の大規模なものなので、名びらは寄席文字のプロの方のものではない。
そのため、いつもの「かつらーんきち」との自己紹介もない。
「乗り鉄」話題をマクラにさで、何を聞かせてくれるのか?
で、昆陽の御池・・・・というか、本来の「唖の釣」。
唖のマネというか、描写が、多分障害者差別にあたるだとかで、滅多に聞けない噺。
師匠、吉朝さんの、途中までのものをネットで見たことがありますが。

桂吉弥さんは、こちらもマクラたっぷりで、不動坊。
やっぱり冬場には多いですね。

2017.08.12

染吉10周年記念 5日連続落語会〜染吉っとんの会 第一夜(17-030)

18:30 動楽亭
・桂弥っこ  犬の目
・林家染吉  遊山船
・林家染雀  天下一浮礼屑選
中入り
・林家染吉  淀五郎



お盆シーズンなので、ちょっとだけ悩んだけど、結局、今日から5日間の通し券を購入。

予約で、1日1200円。通し券が5日で5000円。
何か都合が悪くなっても、4日来れれば、ほぼ、元は取れる。

今日は落語友達のE子さんと。
彼女も通し券を買ったらしい。おまけに、11月の独演会のチケットも買っていた。
(ワタシ、9月〜11月はいろいろ用事ができそうで、まだ、買ってません。)

トップは昨日と同じ弥っこさん。
演目は、こちらも昨日と同じ、犬の目。
今日はなぜか見台が出ていたので、昨日よりも仕草が見にくい。
そうそう、眼科医の平岡さん、紹介してくれた池田さんを調べてみよう。
(眼科医の助手は前田。)

染吉さんの演目は、上のチラシにあるように、毎日、お客さんのリクエストで決まる。
今日は、遊山船と、淀五郎。

遊山船は、まあ、季節の噺で、いいチョイス。(お客さんの)

染雀さん、浮礼屑選はご本人が染丸師匠に弟子入りをしようと決めた噺なんだそう。
って言うか、この噺をするために落語家になったそう。
染雀さんも、ちょうど10年目のころ、師匠につけてもらったとのこと。
たしか、一度染丸さんの噺も聞いたことがあるような記憶が。

染雀さん、「通常、こうした会に呼ばれた先輩は、手水廻しなんかで、主役に花を贈ることが多いようですが、私はそうはしません!一生懸命やって、明日以降の先輩方へのプレッシャーにしたい。(うさぎさんとか(笑))」

確かに!自身の独演会で掛けるような勢いのある「屑より」でした。

中入りあと、今日の締めくくりは、淀五郎。
染雀さんの「屑より」に当たるのが、染吉さんにとっては淀五郎なんだそう。
染吉さんの淀五郎も聞いたことがあるけど、今日の出来はかなり良かったのでは?
これもチョイスが良かったですね。(お客さんの)
明日のゲストは、愛染さん、そめすけさん。演目もまたリクエストだし、明日が楽しみです。
(明日は狼講釈になる予感。)

ブログ村へのリンクを復活しました。ぜひ、ポチッと。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村

2017.08.11

無学亭 帝塚山・落語菜 vol.35〜由瓶が後輩に胸を借りる会(17-029)

16:00 帝塚山 無学
・桂弥っこ   犬の目
・笑福亭由瓶  癪の合薬
・桂 吉坊   住吉駕籠
中入り
・桂 吉坊   足上がり
・笑福亭由瓶  搗屋幸兵衛

019


無学へは数年ぶり。駅からスマホで場所を探そうかと思ってたら、同じ電車の少し離れたところに入谷和女さん。
彼女についていけば、いけるはず。

粉浜からの道で、ツレに、松枝さんの「ためいき坂、くちぶえ坂」の話をしながら、「こんなに近かったんや。」と思いながら到着。

最近、鶴瓶さんのラジオで、シロアリがでて、改装をしたとは聞いてたけど。
たしか、昔は、玄関で靴を脱いで多様な記憶がある。
寄席と言うより、明るい、小洒落たミニホールに変貌。

マスダさんや、足をくじいてる「最前列さん」にもお会いしました。
(マスダさんは、菊水楼でもお会いしました。)

冷房も効きすぎるくらい効いていたけど、演者さんは、皆さん汗だく。
(着物じゃなく浴衣姿の由瓶さんも汗だく!)

由瓶さんも言ってたけど、やっぱり、吉坊さん、由瓶さんは客層が違っていて、けど、両方ともすごく受けていて、いい会でしたね。
ツレは「癪の合薬」が大好きで、受けてました。
ワタシ、由瓶さんのマクラやオーバーアクションはチョイ苦手やし、船場の御寮人さんがなぜか京都弁で、話に入っていけず。

吉坊さんの住吉駕籠は、秀逸。
お袖の「もーし、旦さん!」からの、焼き焼き焼き。
次に聞く台詞も、ほぼ判ってるのに笑ってしまう。
最近(まあ、落語を聞くこと自体、少なくなってはいますが。)、古典落語で吹き出すほど笑うことは滅多にない中、楽しかったですねー。

中入り後は、前から聞きたかった足上がり。
誰かに感想を聞いたことがあって、踊りの素養もある吉坊さん、番頭が芝居の話をする様がホンマに体が浮くようやったって感想。
なるほど、じっくり聞かせますね。

明日からは、5連荘!
染吉っとんの会に行きます!

ブログ村へのリンクしてます。さて、今日の順位は?ぜひ、ポチッと。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村

2017.06.07

てんのじ寄席 2017 初夏の陣(17-020)

18:30  四天王寺 五智光院
・桂弥っこ   犬の目
・桂ひろば   宿替え
・笑福亭たま  憧れの人間国宝

弥っこさんの犬の目、眼科の名前が平岡。(助手は前田。)
文枝さんなんかは、河村って名前の登場人物がたまにあるので、もしかして師匠吉弥さんの名前かと思っていたら吉弥さんではないみたい。
「落語家 本名平岡」で検索すると、桂米平さんの本名が平岡孝夫さんだそうな。
もしかして、米平さんかも?

011




ブログ村へのリンクを復活しました。ぜひ、ポチッと。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村

2015.07.16

落語の落後の楽語(15-095)

15:00 玉水記念館
・桂弥っこ  七度狐
・桂 二乗  癪の合薬
・笑福亭由瓶 持参金 
・桂 吉弥  住吉駕籠




久々の吉弥さんの「落後の落後の楽語」。
大阪へは台風が迫ってきて、もしかしたら中止なるかもと思いながら、肥後橋へ。
1階のホール?ワタシは初めて。

まずは弥っこさん、初めてです。
お囃子がないためか、どうも間が抜けるというか、冗長、ダレる感じがする。これは弥っこさんのせいではないでしょうが…

続いて、二乗さん。癪の合薬は多分聞いたことがあって、(べくない)と娘との三人の関係が楽しい。

由瓶さん、一昨日は千早ふるでマクラがお嬢さんの話で、今日もマクラは家族の話やったんで一瞬嫌な予感。
予感は外れ、最近あんまり聞かない?持参金。

トリ、吉弥さん。
あんまり吉弥さん狙いで落語会に行くことはないけど、なんとなく「アク」がなくなってきたような感じがする。いい意味で。







その他のカテゴリー

-こんな落語家さんの噺を聞きました。順不同。 TASUKU ※ 落語散歩 〜文楽〜 おしどり かみじょうたけし ぱぱとはる わんだふる佳恵 オール阪神・巨人 テント ナオユキ ビックリ! ツカサ 一龍斎貞寿 一龍斎貞山 一龍斎貞心 三遊亭兼好 三遊亭円丸 三遊亭好楽 三遊亭小遊三 三遊亭楽太郎 三遊亭歌る多 三遊亭王楽 三遊亭白鳥 三遊亭遊吉 中川 桂 入船亭扇好 内海英華 千田やすし 古今亭志ん太 古今亭志ん橋 古今亭志ん輔 古今亭菊千代 喜味家たまご 太平サブロー 宝井琴柳 宝井琴調 宮村群時 小泉エリ 幸いってん 幸助、福助 快楽亭ブラック 揚野バンリ 旭堂さくら 旭堂南北 旭堂南左衛門 旭堂南斗 旭堂南海 旭堂南湖 旭堂南舟 旭堂南華 旭堂南陵 旭堂南青 旭堂南鱗 旭堂南鷹 旭堂南龍 旭堂小二三 旭堂小南陵 旭堂左助 旭堂左南陵 旭堂左山 旭堂花鱗 明石家のんき 春野恵子 月亭八光 月亭八天 月亭八斗 月亭八方 月亭八織 月亭可朝 月亭天使 月亭太遊 月亭文都 月亭方正 月亭方気 月亭秀都 月亭遊方 月亭遊真 松旭斎小天正 林家うさぎ 林家そめすけ 林家卯三郎 林家小染 林家市楼 林家愛染 林家染丸 林家染二 林家染八 林家染吉 林家染太 林家染左 林家染弥 林家染雀 林家正蔵 林家正雀 林家竹丸 林家笑丸 林家花丸 林家菊丸 柳家さん喬 柳家小里ん 桂 一蝶 桂 七福 桂 三実 桂 三幸 桂 三度 桂 三弥 桂 三扇 桂 三枝 桂 三歩 桂 三段 桂 三河 桂 三若 桂 三語 桂 三象 桂 三金 桂 三風 桂 九雀 桂 二乗 桂 二葉 桂 優々 桂 出丸 桂 勢朝 桂 千朝 桂 南光 桂 南天 桂 吉坊 桂 吉弥 桂 団朝 桂 坊枝 桂 塩鯛 桂 宗助 桂 小枝 桂 小梅 桂 小留 桂 小米 桂 小軽 桂 小鯛 桂 弥壱 桂 恩狸 桂 文三 桂 文也 桂 文喬 桂 文太 桂 文我 桂 文昇 桂 文枝 桂 文珍 桂 文福 桂 文華 桂 文鹿 桂 春若 桂 春菜 桂 春蝶 桂 春雨 桂 春駒 桂 枝光 桂 楽珍 桂 治門 桂 珍念 桂 白鹿 桂 福丸 桂 福楽 桂 福点 桂 福矢 桂 福若 桂 福車 桂 米二 桂 米八 桂 米左 桂 米市 桂 米平 桂 米朝 桂 米紫 桂 米輔 桂 米輝 桂 紅雀 桂 若奴 桂 華紋 桂 蝶六 桂 都丸 桂 鈴々 桂 雀々 桂 雀喜 桂 雀太 桂 雀松 桂 鞠輔 桂 鯛介 桂 鯛蔵 桂あおば 桂あさ吉 桂あやめ 桂かい枝 桂きん太郎 桂きん枝 桂こけ枝 桂こごろう 桂さろめ 桂さん都 桂ざこば 桂しん吉 桂すずめ 桂そうば 桂ちきん 桂ちょうば 桂つく枝 桂ひろば 桂ぽんぽ娘 桂まめだ 桂まん我 桂よね吉 桂りょうば 桂わかば 桂三ノ助 桂三四郎 桂三馬枝 桂佐ん吉 桂吉の丞 桂和歌ぽん 桂咲之輔 桂團治郎 桂壱之輔 桂寅之輔 桂小春團治 桂小米朝 桂弥っこ 桂弥太郎 桂慶治朗 桂文之助 桂文五郎 桂春之輔 桂春團治 桂朝太郎 桂枝三郎 桂枝女太 桂枝曾丸 桂梅團治 桂歌々志 桂歌之助 桂福團治 桂米団治 桂紋四郎 桂花団治 桂都んぼ 桂阿か枝 桂雀三郎 桂雀五郎 桂鹿之助 森乃石松 森乃福郎 森乃阿久太 橘家円三 浮世亭とんぼ・横山まさみ 瀧川鯉朝 磯部公彦 神田山陽 神田松鯉 神田陽司 立川志の輔 立花家千橘 笑福亭たま 笑福亭べ瓶 笑福亭三喬 笑福亭仁勇 笑福亭仁嬌 笑福亭仁扇 笑福亭仁昇 笑福亭仁智 笑福亭仁福 笑福亭仁鶴 笑福亭伯枝 笑福亭右喬 笑福亭呂好 笑福亭呂竹 笑福亭呂鶴 笑福亭喬介 笑福亭喬楽 笑福亭喬若 笑福亭嬌太 笑福亭学光 笑福亭小つる 笑福亭岐代松 笑福亭忍笑 笑福亭恭瓶 笑福亭扇平 笑福亭晃瓶 笑福亭智丸 笑福亭智之介 笑福亭智六 笑福亭松之助 笑福亭松五 笑福亭松喬 笑福亭松枝 笑福亭枝鶴 笑福亭猿笑 笑福亭瓶吾 笑福亭瓶太 笑福亭瓶成 笑福亭瓶生 笑福亭生喬 笑福亭生寿 笑福亭生心 笑福亭由瓶 笑福亭福笑 笑福亭竹林 笑福亭笑助 笑福亭笑子 笑福亭純瓶 笑福亭縁 笑福亭羽光 笑福亭遊喬 笑福亭達瓶 笑福亭里光 笑福亭鉄瓶 笑福亭銀瓶 笑福亭風喬 笑福亭飛梅 笑福亭鶴二 笑福亭鶴光 笑福亭鶴志 笑福亭鶴松 笑福亭鶴瓶 笑福亭鶴笑 菊地まどか 藤本健太郎 豊来家一輝 豊来家大治朗 豊来家板里 豊来家玉之助 雷門音助 露の 瑞 露の 眞 露の 紫 露の 都 露の 雅 露のききょう 露の五郎兵衛 露の吉次 露の団六 露の団四郎 露の團姫 露の慎悟 露の新幸 露の新治 AKO

最近のトラックバック