2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「桂 米平」の記事

2017.09.18

上方特撰落語会(17-037)

14:00 ヴィアーレ大阪
・桂団治郎   つる
・桂米團治   稽古屋
・桂 文珍   猫の忠信
中入り
・桂 鯛蔵   強情灸
・桂 米平   胴斬り


20170918b






ブログ村へのリンクを復活しました。ぜひ、ポチッと。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村





2015.08.16

米朝追善 米朝一門会(15-115)

15:30 サンケイホールブリーゼ
<オープニングご挨拶=米朝事務所所属約40人>
・桂 米輔  つる
・桂すずめ  七度狐
・桂朝太郎  お笑い手品
・桂 米平  帯久

中入り
<ゲストトーク・竹本住大夫、大村崑、飛鳥峯王、成瀬國晴、高石ともや、司会・米団治、中井雅之>
・桂 宗助  怪談市川堤

054

067

068

069

070

071

072

073

074_2

075

076


2014.06.15

動楽亭昼席(14-074)

14:00 動楽亭
・桂 鯛介  牛ほめ 
・桂佐ん吉  始末の極意  
・林家市楼  親子酒  
・桂 米平  天狗裁き  
中入り
・笑福亭三喬 借家怪談   
・桂 文太  明烏  








2014.02.22

桂文我独演会(14-032)

・桂 文我  桑名船
・桂 米平  軽石屁 
・桂しん吉  高宮川天狗酒盛
・桂 文我  コレコレ博打
中入
・桂 宗助  矢橋船
・桂 米平  宿屋町
・桂 文我  こぶ弁慶
中入
・桂 宗助  走り餅
・桂 文我  三十石(前)
・笑福亭生喬 三十石(中)
・桂 文我  三十石(後)

桂文我独演会(14-031)


12:00 中電ホール
・桂 文我  発端~奈良名所 
・桂 宗助  野辺~煮売屋
・桂 米平  七度狐
中入
・桂しん吉  軽業
・桂 宗助  うんつく酒
・桂 米平  常大夫儀大夫
・桂 文我  鯉津栄之助
中入り
・笑福亭生喬 三人旅浮かれの尼買い
・桂 文我  宮巡り 

2013.01.18

繁昌亭昼席(13-005)

13:00 天満天神繁昌亭
・露の 雅    初天神
・笑福亭たま   動物園
・桂 米平    阿弥陀池
・福笑・そめすけ(漫才)
・桂 文昇    狸さい
・林家小染    試し酒
・林家そめすけ  通天閣に灯がともる
・笑福亭仁勇   猫の皿
・いわみせいじ (似顔絵)
・笑福亭福笑   桃太郎

Img_0096

Img_0097

 

まずは露の雅さん、マクラもふらず、初天神。トラちゃんは可愛いし、一生懸命さは伝わるし、いい舞台なんですが、ちょっと入れ込んでる感じが強く、聞いていて疲れてくる感じ。たぶん、慣れというか、経験なんでしょうか?
きっとこのまま一生懸命にやっていけば、肩にチカラがはいらない感じになるんでしょうね。

続いて、笑福亭たまさん、今日のお客さんを試すかのようにショート落語のうち、定番モノをいくつか。噺は動物園で(園長は竹内さん)、噺のエッセンスだけを凝縮したような。

続く、桂 米平さんは、阿弥陀池。
こちらは「りきみ」のない柔らかな語りで、ほっとさせてくれる。

で、本日のお目当て、「福笑・そめすけ」の漫才。
二人ともダブルの(それもやや地味な)スーツで、こてこての大阪の昭和の漫才。「わからんモンでんな〜。」

桂 文昇は狸さい。ここまで演目を見てると、いかにも「上方落語会の定番ネタ」が並ぶ。
もしかすると、大阪以外の団体さんでもはいってたんやろうか?

中トリには林家小染さん、こちらは落語会の定番ネタではなく、試し酒を。
(たぶん)非常に技術のいる(であろう)ネタで、「さすが」の一席。

中入り後は、林家そめすけさんから。個人的に大好きなネタ、「通天閣に灯がともる。」
DVDも持ってていつでも聞けるってなモンですが、今日はこれを聞けてラッキー。
今日は噺の途中までだったので、今、改めて全部聞こうと聞きながらこれを書いてますが・・・

次に、滅多に聞かない、笑福亭仁勇さん。避けてるわけでも何でもなく、なんとなくご縁が少ないのか。演目は猫の皿。
マクラの講演のおじいさんネタが楽しかった!

漫画家のいわみせいじの似顔絵は、お客さんをモデルにして。
そのお客さん(女性)も、なかなか達者な方で、「20歳若く書いてね。」と言うと、いわみさん、「ということは、20歳は超えてるわけですね。」

トリ、笑福亭福笑さん。こんなカタチもあるのかと思わせる桃太郎。
いや、今日はホント、楽しい会でしたね。

※ 終演後のお楽しみは、チャオチャオ餃子

2011.10.09

動楽亭昼席~10月席~(11-63)

14:00 動楽亭
 ・桂 優々 田楽喰い
 ・桂 吉坊 阿弥陀池
 ・桂よね吉 稽古屋
 ・桂 千朝 掛取り
 中入り
 ・桂 米平 近日息子
 ・桂 雀松 星野屋

Img_0992


最初は優々さん、この間のNHK上方落語の会でも気になってたけど、口の早さ。軽快にしゃべってるようには聞こえるけど、リズムがちょっと上ずってるようにも思える。
まあ、この間の動物園と違って、今日の田楽喰いにはトントントンってリズムがいいのかも。
NHKホールのタダの落語会は椅子がよくって、会場も豪華。動楽亭はなんか前の椅子との間が狭くなった感じがするし、会場はまずまずでも、2000円。
で、一番大きな違いは生の声を聞けて、演者の表情が見えるって事。

続いて、例によって、やや上の方を見ながら首を軽くふって登場した吉坊さん。
自転車で稽古をしてた話と、公園でパンを食べていると「会社に行きたくないサラリーマン」に見られているって話、雨が降って三日坊主になったが・・・・で、付け焼き刃ははがれやすい・・・から阿弥陀池。
「すまんだっちゅう店」は丁寧なしゃべりなんでしょうね。
「すまんだって何やろう?」って考えて、調べて、「すみっこ」って言葉にたどり着いても意味が分からないですよね。

続いて、兄弟子よね吉さん。
国会中継で持ち番組が流れることがあって、収入に響くとか。他にも色々されてて。
ワタシ、この人のマクラは大好きです。
落語自体は稽古の積み重ねや他の芸事の修練でしょうが、マクラはセンスだと思うので。
で、演目の稽古屋は焼き芋の件まで。ちょっと残念。

中トリには千朝さん。
演目は、季節的にはやや中途半端な感じの掛取りを。
不覚、「もてるためには・・・」のあたり居眠り。で、最初の掛け取り・・・八百屋は動物好きって設定。
この部分、落語好きとか、クラシック好きとか・・・結局みんなダジャレ好きなんですよね。

中入り後は米平さんの近日息子から。
ワタシ、米平さんは好きな噺家さんですが、近日息子はちょっとあわへんのでは?って思ってます。
米平さんの柔らかな話し口と優しそうな見た目では、段々怒ってくる男の様子が伝わりにくいので。
でも、以前、米平さんの幽霊もイメージが湧きにくいってかいたことあるよな〜。

トリの雀松さんは、定番の(鉄板の)マクラから、星野屋。
軽やかで、爽やかで、チャーミング(50代の男性を褒める言葉としていかがなものかとも思うけど。)。
残念ながら、今日は雀松さん意外ではあんまり笑わなかったですね〜。
なんでやろ。


ぶろぐ村に参加してます。
とりあえずクリックしておきましょうか?
↓↓↓
にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村

2011.09.24

米朝一門会(11-58)

15:00 ヴィアーレホール
 ・桂雀五郎 手水回し
 ・桂 米紫 秘伝書
 ・桂 南光 佐野山
 中入り
 ・桂 米平 犬の目
 ・桂雀三郎 親子酒

Beicho_itimonkai

ちょっと。なんなんで、また後日。
多分追記します。

Y氏は神戸に、むかってダブルヘッダー。(ダブル・雀三郎!)

 
 
 
 
こんなところにも参加してます。
クリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村

2010.08.14

桂文我40代ラスト落語会~東西南北~上方落語『旅ネタ』大集合・第2部『東の旅』復路(10-28)

池田市民文化会館小ホール 14:30~
・桂まん我   桑名船
・桂しん吉   高宮川天狗酒盛
・桂 雀喜   軽石屁
・桂 文我   これこれ博打
(中入り)
・笑福亭たま  矢橋船
・桂 米平   宿屋町
・桂 文我   瘤弁慶
(中入り)
対談「旅ネタについて」(前田憲司&文我)
・桂 宗助   走り餅
・林家花丸  三十石(前)
・笑福亭生喬 三十石(中)
・桂 文我   三十石(後)

(下書きです。)

2010.08.07

動楽亭昼席(10-26)

動楽亭 14:00~
 ・桂 米市  子ほめ
 ・桂佐ん吉  時うどん
 ・桂 紅雀  向こうづけ
 ・桂 千朝  蔵丁稚
 (中入り)
 ・桂 米平  商売根問
 ・桂 米二  饅頭怖い

Img_0138

ごまめさん、ikesanさんと初の落語会。
やけど、本来の目的は、落語会後のやぐら。
「やぐら行くのに、どこで待ちあわせしようか。」から、選んだ落語会。

Img_0136

動楽亭の下のコンビニで、米朝事務所のマネージャーさんと会う。
少しして、ごまめさん登場。
で、階段で待たせてもらうことにする。
ikesanさんも到着して、昼席の開演。

Img_0139

まずは、桂 米市さん、真面目そうな青年で、噺も真面目っぽい。というか固い。
丁寧に噺をすすめるのだけど、「間」なのか「かたさ」なのか、何故か笑えない。
ま、まだまだ若いしね。

続いて、桂佐ん吉さん、プロ野球の野次をマクラに。
「では、さぶいさぶい季節の噺を」と全く関係のないマクラになった。
で、時うどん。
声の大きさなんかは米市さんよりはるかに出てて、ここらは修業の差か。

マクラと噺とが関係ないと言えば、次に登場した桂 紅雀さんも代表格。
今日は身内のお葬式の噺から、うまく向こうずけに。

さてさて、中トリ、桂 千朝さん。
歌舞伎の話題から、昔はお芝居しか楽しみがなかった 〜 子供でも有名な台詞を覚えていた 〜
って完璧なマクラから蔵丁稚。

中入り後、

桂 米平さん、商売根問。
達者な米平さん、何というか、いろんな噺を「そつなくこなす」タイプ。

トリ、桂 米二さん。
マクラでは米朝師匠の殿堂入り話題から、それにまつわる直弟子のメッセージを今楽屋で収録していたって話。
で、内弟子時代のそばアレルギーでしくじった話から、好き嫌いの話題、で、饅頭恐い。
マクラからの流れがうまく、また、噺のなかの「そばまんじゅう」など完成型。

動楽亭昼席が16:30頃終了して、とぼとぼ3人で歩き、17時少し前にやぐらに到着。
しまっていたけど、のぞき込んで入れてもらう。
Img_0140

短編映画の撮影中だそうな。
8月から撮影開始して、12月公開予定とのこと。
Img_0141

ポスターはやぐらの暖簾を下敷きにした風。
Img_0142

雀さんセット。さて、何の串カツでしょう。
Img_0144

その他のカテゴリー

-こんな落語家さんの噺を聞きました。順不同。 | TASUKU | ※ 落語散歩 | おしどり | かみじょうたけし | ぱぱとはる | わんだふる佳恵 | オール阪神・巨人 | テント | ナオユキ | ビックリ! ツカサ | 一龍斎貞寿 | 一龍斎貞山 | 一龍斎貞心 | 三遊亭兼好 | 三遊亭円丸 | 三遊亭好楽 | 三遊亭小遊三 | 三遊亭楽太郎 | 三遊亭歌る多 | 三遊亭王楽 | 三遊亭白鳥 | 三遊亭遊吉 | 中川 桂 | 入船亭扇好 | 内海英華 | 千田やすし | 古今亭志ん太 | 古今亭志ん橋 | 古今亭志ん輔 | 古今亭菊千代 | 喜味家たまご | 太平サブロー | 宝井琴柳 | 宝井琴調 | 宮村群時 | 小泉エリ | 幸いってん | 幸助、福助 | 快楽亭ブラック | 揚野バンリ | 旭堂さくら | 旭堂南北 | 旭堂南左衛門 | 旭堂南斗 | 旭堂南海 | 旭堂南湖 | 旭堂南舟 | 旭堂南華 | 旭堂南陵 | 旭堂南青 | 旭堂南鱗 | 旭堂南鷹 | 旭堂小二三 | 旭堂左助 | 旭堂左南陵 | 旭堂左山 | 旭堂花鱗 | 明石家のんき | 春野恵子 | 月亭八光 | 月亭八天 | 月亭八斗 | 月亭八方 | 月亭可朝 | 月亭天使 | 月亭太遊 | 月亭文都 | 月亭方正 | 月亭方気 | 月亭秀都 | 月亭遊方 | 月亭遊真 | 松旭斎小天正 | 林家うさぎ | 林家そめすけ | 林家卯三郎 | 林家小染 | 林家市楼 | 林家愛染 | 林家染丸 | 林家染二 | 林家染八 | 林家染吉 | 林家染太 | 林家染左 | 林家染弥 | 林家染雀 | 林家正蔵 | 林家正雀 | 林家竹丸 | 林家笑丸 | 林家花丸 | 林家菊丸 | 柳家さん喬 | 柳家小里ん | 桂 一蝶 | 桂 七福 | 桂 三実 | 桂 三幸 | 桂 三度 | 桂 三弥 | 桂 三扇 | 桂 三枝 | 桂 三歩 | 桂 三段 | 桂 三河 | 桂 三若 | 桂 三語 | 桂 三象 | 桂 三金 | 桂 三風 | 桂 九雀 | 桂 二乗 | 桂 二葉 | 桂 優々 | 桂 出丸 | 桂 勢朝 | 桂 千朝 | 桂 南光 | 桂 南天 | 桂 吉坊 | 桂 吉弥 | 桂 団朝 | 桂 坊枝 | 桂 塩鯛 | 桂 宗助 | 桂 小枝 | 桂 小梅 | 桂 小留 | 桂 小米 | 桂 小軽 | 桂 小鯛 | 桂 恩狸 | 桂 文三 | 桂 文也 | 桂 文喬 | 桂 文太 | 桂 文我 | 桂 文昇 | 桂 文枝 | 桂 文珍 | 桂 文福 | 桂 文華 | 桂 文鹿 | 桂 春若 | 桂 春菜 | 桂 春蝶 | 桂 春雨 | 桂 春駒 | 桂 枝光 | 桂 楽珍 | 桂 治門 | 桂 珍念 | 桂 白鹿 | 桂 福丸 | 桂 福楽 | 桂 福点 | 桂 福矢 | 桂 福若 | 桂 福車 | 桂 米二 | 桂 米八 | 桂 米左 | 桂 米市 | 桂 米平 | 桂 米朝 | 桂 米紫 | 桂 米輔 | 桂 米輝 | 桂 紅雀 | 桂 若奴 | 桂 華紋 | 桂 蝶六 | 桂 都丸 | 桂 鈴々 | 桂 雀々 | 桂 雀喜 | 桂 雀太 | 桂 雀松 | 桂 鞠輔 | 桂 鯛介 | 桂 鯛蔵 | 桂あおば | 桂あさ吉 | 桂あやめ | 桂かい枝 | 桂きん太郎 | 桂きん枝 | 桂こけ枝 | 桂こごろう | 桂さろめ | 桂さん都 | 桂ざこば | 桂しん吉 | 桂すずめ | 桂そうば | 桂ちきん | 桂ちょうば | 桂つく枝 | 桂ひろば | 桂ぽんぽ娘 | 桂まめだ | 桂まん我 | 桂よね吉 | 桂りょうば | 桂わかば | 桂三ノ助 | 桂三四郎 | 桂三馬枝 | 桂佐ん吉 | 桂吉の丞 | 桂和歌ぽん | 桂咲之輔 | 桂團治郎 | 桂壱之輔 | 桂寅之輔 | 桂小春團治 | 桂小米朝 | 桂弥っこ | 桂弥太郎 | 桂慶治朗 | 桂文之助 | 桂春之輔 | 桂春團治 | 桂朝太郎 | 桂枝三郎 | 桂枝女太 | 桂枝曾丸 | 桂梅團治 | 桂歌々志 | 桂歌之助 | 桂福團治 | 桂米団治 | 桂紋四郎 | 桂花団治 | 桂都んぼ | 桂阿か枝 | 桂雀三郎 | 桂雀五郎 | 桂鹿之助 | 森乃石松 | 森乃福郎 | 森乃阿久太 | 橘家円三 | 浮世亭とんぼ・横山まさみ | 瀧川鯉朝 | 磯部公彦 | 神田山陽 | 神田松鯉 | 神田陽司 | 立川志の輔 | 立花家千橘 | 笑福亭たま | 笑福亭べ瓶 | 笑福亭三喬 | 笑福亭仁勇 | 笑福亭仁嬌 | 笑福亭仁扇 | 笑福亭仁昇 | 笑福亭仁智 | 笑福亭仁福 | 笑福亭仁鶴 | 笑福亭伯枝 | 笑福亭右喬 | 笑福亭呂好 | 笑福亭呂竹 | 笑福亭呂鶴 | 笑福亭喬介 | 笑福亭喬楽 | 笑福亭喬若 | 笑福亭嬌太 | 笑福亭学光 | 笑福亭小つる | 笑福亭岐代松 | 笑福亭忍笑 | 笑福亭恭瓶 | 笑福亭扇平 | 笑福亭晃瓶 | 笑福亭智丸 | 笑福亭智之介 | 笑福亭智六 | 笑福亭松之助 | 笑福亭松五 | 笑福亭松喬 | 笑福亭松枝 | 笑福亭枝鶴 | 笑福亭猿笑 | 笑福亭瓶吾 | 笑福亭瓶太 | 笑福亭瓶成 | 笑福亭瓶生 | 笑福亭生喬 | 笑福亭生寿 | 笑福亭由瓶 | 笑福亭福笑 | 笑福亭竹林 | 笑福亭笑助 | 笑福亭笑子 | 笑福亭純瓶 | 笑福亭縁 | 笑福亭羽光 | 笑福亭遊喬 | 笑福亭達瓶 | 笑福亭里光 | 笑福亭鉄瓶 | 笑福亭銀瓶 | 笑福亭風喬 | 笑福亭飛梅 | 笑福亭鶴二 | 笑福亭鶴光 | 笑福亭鶴志 | 笑福亭鶴松 | 笑福亭鶴瓶 | 笑福亭鶴笑 | 菊地まどか | 藤本健太郎 | 豊来家一輝 | 豊来家大治朗 | 豊来家板里 | 豊来家玉之助 | 雷門音助 | 露の 瑞 | 露の 眞 | 露の 紫 | 露の 都 | 露の 雅 | 露のききょう | 露の五郎兵衛 | 露の吉次 | 露の団六 | 露の団四郎 | 露の團姫 | 露の慎悟 | 露の新幸 | 露の新治 | AKO

最近のトラックバック