2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「桂雀五郎」の記事

2017.06.17

動楽亭昼席(17-022)

14:00 動楽亭
・桂 小鯛    やかん
・桂雀五郎    阿弥陀池
・林家そめすけ えっ×5  
・桂雀三郎    腕食い
中入
・桂 福車    餅屋問答
・桂 小枝    佐々木裁き





017



018



チラシでは、今日から3日間ざこばさんの出番がありますが、例の脳梗塞の件で、休演でした。代演は桂雀三郎さん。
18日、19日も代演のお知らせが貼られてましたが、忘れました・・・。どちらかは塩鯛さんだったような・・。









終演後、この人(↓)たちと飲みに行きました。
今回、あまり売れ行きが芳しくないみたいなので、宣伝を。



24016





ブログ村へのリンクを復活しました。ぜひ、ポチッと。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村



2015.09.11

動楽亭昼席(15-125)

14:00 動楽亭
・桂弥太郎  動物園
・桂雀五郎  遊山船
・月亭方正  紙入れ間男
・桂 文福  相撲甚句
中入り
・笑福亭遊喬 ハンカチ
・笑福亭仁智 源太と兄貴

急遽、時間休暇でやってきた動楽亭。
ここのところずっと風邪気味で風邪薬のせいもあり、ごめんなさい、弥太郎さんと雀五郎さんはウトウトしてました。
雀五郎さんの遊山船は短めで、浴衣の模様まで行かず。
方正さんは噺家さんとしてはまだまだ新人やけど、考えたら、こんな位置に出るんやなー。
で、お待ちかねの文福さん。
今日、第一のお目当。
相撲場風景の一升瓶のあたりを合わせて演ってはったけど、相撲甚句だけでも満足、満足。残念だったのは、繁昌亭なら「見送り」で、文福さんのあのグローブのような手で握手をしてもらえるのがなかったこと。(とくに、ツレはちっちゃい手なんで文福さんの半分くらい。)
中入り後は最近よく聞く遊喬さんから。
残念ながら最近聞いたハンカチやったけど…
トリ、こちらが今日の二つ目のお目当、仁智さん。
何度か聞いてるし、チェルシーや埋蔵金もわかってはいるけど笑ってしまう。

ここのところ、落語会がつまらなくなってて、いろいろ考えたんやけど、今日は行ってよかったなー。

終演後、ジャンジャン横丁の大和屋2号店さん。
最近定番になってる春雨サラダや串カツ。今日は焼酎のキープまでやってしもた〜。









2015.07.27

蒲生四丁目寄席(15-107)

19:00 聖賢会館
・笑福亭右喬  鰻屋
・桂雀五郎   所帯念仏
・林家菊丸   千両みかん
・桂 文治   源平盛衰記     
    
4004


平日だというのに、落語三昧。
午後の始まりは京阪の千林、終演後は地下鉄千林大宮まで歩いて、太子橋乗り換えて蒲生四丁目。蒲生四丁目寄席にやってきた。
雀五郎さんが両方とも出てはりますが、ワタシ雀五郎さんの追っかけではありません。
地下鉄蒲生四丁目駅の上、自転車駐輪場のそのまた上にある建物。

この写真だけだと普通に「地べた」に建ってるように見えるでしょ。

第50回(城北あらため)雀三郎一門による 千林にぎわい亭(15-106)

15:00 千林くらしエール館
・桂 雀喜  青菜
・桂雀三郎  皿屋敷
・桂雀五郎  千両みかん
・桂雀三郎  帰り俥

Photo

仕事は4時間お休みをいただいて、やってきました千林。
はじめてやってきたエール館での雀三郎一門会…ところがご存知のとおり、雀太さんはお休み。
さて、誰が代演になるのか興味があったけど、なんと、師匠雀三郎さんが代演。

千林くらしエール館は、1階にスーパーやお惣菜のお店があるビルで、3階の集会所(イベントホール?)で落語会が開かれる。

2014.06.09

動楽亭昼席(14-070)

14:00 動楽亭
・桂団治郎  つる 
・桂雀五郎  ちしゃ医者 
・桂 宗助  天狗裁き 
・桂米団治  稽古屋 
中入り
・桂 団朝  近日息子 
・桂 南天  皿屋敷  

2013.11.09

第40回城北にぎわい亭(13-104)

15:00 城北市民学習センター
・桂 雀太 代書
・桂 雀喜 明石飛脚
・桂雀五郎 猫の忠信
・桂雀三郎 くっしゃみ講釈

  

2013.09.06

アサコム寄席(13-083)

18:00 朝日新聞社アサコムホール
・桂そうば 餅屋問答
・桂雀五郎 短命
・桂 南天 茶の湯

Img_0547
H氏に譲ってもらった招待券で、初めてフェスティバルホールに。
まあ、会場自体はちょっとしたホールですが、フェスティバルホールの、それも12階まで上がれたのはラッキー。
今日は誰が出演するのかもわからずやってきました。

Img_0551

はじめに、そうばさん。
何か、以前より「大阪弁でない言葉」が気になる。
いっときはあまり気にならなかったんやけどなー。
続く雀五郎さんは、以前にも聞いた桜宮のマンションの話題。
いろいろ完備されたワンルームで、駅から徒歩8分にも関わらず、家賃が3万円を切るとのこと。
あまりの安さに、この部屋には、何か、例えば幽霊がでるとか、何かあるのではと疑って聞いてみると、「このマンション、どの部屋もこのお値段です。」
これで、安心。
仮に幽霊がでるにしても、このマンション、全部の部屋にでるはずで、寂しくない・・・・
演目は、あまり色っぽくない短命でした。
さて、トリの南天さん、鼻風邪か、たまに鼻をすするところあり。
茶の湯なら目立たへんけど、ものによってはやりにくい噺もあるでしょうねー。
どうぞお大事に。
Img_0549

さて、今日はまっすぐ帰ろうっと。

2013.07.11

城北にぎわい亭(13-063)


19:00  城北市民学習センター
・桂 雀太 猫の災難
・桂雀五郎 蛇含草
・桂 雀喜 遊山舟


・桂雀三郎 仔猫

Img_0427

Img_0429_2

Img_0431_2

Img_0433

2013.06.12

動楽亭昼席~6月席~(13-061)

Img_0402
14:00 動楽亭
・桂 小鯛  二人癖
・桂雀五郎  遊山船
・桂 福楽  京の茶漬け
・橘家円三  錦の袈裟
・笑福亭学光 荒大名の茶の湯
・月亭八方  猫の忠信
ワタシ、最近、けっこう福楽さんのことがお気に入りになってる。
今日の演目は、京の茶漬け。
ワタシのこのブログが始まった頃には、療養前で活躍されてたようですが、去年あたりから復帰され、暖かい語り口を聞かせてくれはります。
そして、もう一人の本日のお目当ては、橘家円三さん。まあ、お目当ても何も全く初めてですが・・・
演目は、上方では珍しい、錦の袈裟を。
やや、練習不足か、順番を間違えたりはしてはりましたが、こういう「大阪のおやっさん」もいいですね〜。
笑福亭学光さんは、ざこばさんに「いらわれる」話や、体重の話、なんと91.3kgもあるんだとか。
体重だけは鶴志兄さんを追いつけ、追い越せと・・・笑い。
最近は、お医者さんの講演セットで、あちこちに行くことが多いそうで、なんでもそのお医者さんが先に出られ、「笑うとナチュラルキラー細胞が増加して・・・」という話をされる。で、その後に学光さんが落語。
お医者さんが真面目に「笑うことが大事だ。」と仰るものだから、受ける受ける、笑う笑う。「最高の前座でっせ。」
演目は荒大名の茶の湯。

さて、トリには月亭八方さん、演目は最近チカラを入れてはるのか、猫の忠信を。
5月のNHKでもされてましたが、それよりはるかに練られていて聞きやすい。
動楽亭が平日の昼間の寄席だからマニアな人が多いと読んだのか(確かに多そう!)、オチのひと言を「皆さんも、ご一緒に! はい、にぁう。」

2012.01.09

今日も又、笑顔集まる同期会(12-4)

13:30 高津宮
 ・桂雀五郎   米揚げ笊
 ・笑福亭智之介 おごろもち盗人
 ・桂 春駒   初天神
中入り
 ・笑福亭仁智  源太と兄貴
 ・桂 文太   八五郎出世


 
こんなところにも参加してます。
クリックして今日の順位の確認を!
↓↓↓
にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

-こんな落語家さんの噺を聞きました。順不同。 | TASUKU | ※ 落語散歩 | おしどり | かみじょうたけし | ぱぱとはる | わんだふる佳恵 | オール阪神・巨人 | テント | ナオユキ | ビックリ! ツカサ | 一龍斎貞寿 | 一龍斎貞山 | 一龍斎貞心 | 三遊亭兼好 | 三遊亭円丸 | 三遊亭好楽 | 三遊亭小遊三 | 三遊亭楽太郎 | 三遊亭歌る多 | 三遊亭王楽 | 三遊亭白鳥 | 三遊亭遊吉 | 中川 桂 | 入船亭扇好 | 内海英華 | 千田やすし | 古今亭志ん太 | 古今亭志ん橋 | 古今亭志ん輔 | 古今亭菊千代 | 喜味家たまご | 太平サブロー | 宝井琴柳 | 宝井琴調 | 宮村群時 | 小泉エリ | 幸いってん | 幸助、福助 | 快楽亭ブラック | 揚野バンリ | 旭堂さくら | 旭堂南北 | 旭堂南左衛門 | 旭堂南斗 | 旭堂南海 | 旭堂南湖 | 旭堂南舟 | 旭堂南華 | 旭堂南陵 | 旭堂南青 | 旭堂南鱗 | 旭堂南鷹 | 旭堂小二三 | 旭堂左助 | 旭堂左南陵 | 旭堂左山 | 旭堂花鱗 | 明石家のんき | 春野恵子 | 月亭八光 | 月亭八天 | 月亭八斗 | 月亭八方 | 月亭可朝 | 月亭天使 | 月亭太遊 | 月亭文都 | 月亭方正 | 月亭方気 | 月亭秀都 | 月亭遊方 | 月亭遊真 | 松旭斎小天正 | 林家うさぎ | 林家そめすけ | 林家卯三郎 | 林家小染 | 林家市楼 | 林家愛染 | 林家染丸 | 林家染二 | 林家染八 | 林家染吉 | 林家染太 | 林家染左 | 林家染弥 | 林家染雀 | 林家正蔵 | 林家正雀 | 林家竹丸 | 林家笑丸 | 林家花丸 | 林家菊丸 | 柳家さん喬 | 柳家小里ん | 桂 一蝶 | 桂 七福 | 桂 三実 | 桂 三幸 | 桂 三度 | 桂 三弥 | 桂 三扇 | 桂 三枝 | 桂 三歩 | 桂 三段 | 桂 三河 | 桂 三若 | 桂 三語 | 桂 三象 | 桂 三金 | 桂 三風 | 桂 九雀 | 桂 二乗 | 桂 二葉 | 桂 優々 | 桂 出丸 | 桂 勢朝 | 桂 千朝 | 桂 南光 | 桂 南天 | 桂 吉坊 | 桂 吉弥 | 桂 団朝 | 桂 坊枝 | 桂 塩鯛 | 桂 宗助 | 桂 小枝 | 桂 小梅 | 桂 小留 | 桂 小米 | 桂 小軽 | 桂 小鯛 | 桂 恩狸 | 桂 文三 | 桂 文也 | 桂 文喬 | 桂 文太 | 桂 文我 | 桂 文昇 | 桂 文枝 | 桂 文珍 | 桂 文福 | 桂 文華 | 桂 文鹿 | 桂 春若 | 桂 春菜 | 桂 春蝶 | 桂 春雨 | 桂 春駒 | 桂 枝光 | 桂 楽珍 | 桂 治門 | 桂 珍念 | 桂 白鹿 | 桂 福丸 | 桂 福楽 | 桂 福点 | 桂 福矢 | 桂 福若 | 桂 福車 | 桂 米二 | 桂 米八 | 桂 米左 | 桂 米市 | 桂 米平 | 桂 米朝 | 桂 米紫 | 桂 米輔 | 桂 米輝 | 桂 紅雀 | 桂 若奴 | 桂 華紋 | 桂 蝶六 | 桂 都丸 | 桂 鈴々 | 桂 雀々 | 桂 雀喜 | 桂 雀太 | 桂 雀松 | 桂 鞠輔 | 桂 鯛介 | 桂 鯛蔵 | 桂あおば | 桂あさ吉 | 桂あやめ | 桂かい枝 | 桂きん太郎 | 桂きん枝 | 桂こけ枝 | 桂こごろう | 桂さろめ | 桂さん都 | 桂ざこば | 桂しん吉 | 桂すずめ | 桂そうば | 桂ちきん | 桂ちょうば | 桂つく枝 | 桂ひろば | 桂ぽんぽ娘 | 桂まめだ | 桂まん我 | 桂よね吉 | 桂りょうば | 桂わかば | 桂三ノ助 | 桂三四郎 | 桂三馬枝 | 桂佐ん吉 | 桂吉の丞 | 桂和歌ぽん | 桂咲之輔 | 桂團治郎 | 桂壱之輔 | 桂寅之輔 | 桂小春團治 | 桂小米朝 | 桂弥っこ | 桂弥太郎 | 桂慶治朗 | 桂文之助 | 桂春之輔 | 桂春團治 | 桂朝太郎 | 桂枝三郎 | 桂枝女太 | 桂枝曾丸 | 桂梅團治 | 桂歌々志 | 桂歌之助 | 桂福團治 | 桂米団治 | 桂紋四郎 | 桂花団治 | 桂都んぼ | 桂阿か枝 | 桂雀三郎 | 桂雀五郎 | 桂鹿之助 | 森乃石松 | 森乃福郎 | 森乃阿久太 | 橘家円三 | 浮世亭とんぼ・横山まさみ | 瀧川鯉朝 | 磯部公彦 | 神田山陽 | 神田松鯉 | 神田陽司 | 立川志の輔 | 立花家千橘 | 笑福亭たま | 笑福亭べ瓶 | 笑福亭三喬 | 笑福亭仁勇 | 笑福亭仁嬌 | 笑福亭仁扇 | 笑福亭仁昇 | 笑福亭仁智 | 笑福亭仁福 | 笑福亭仁鶴 | 笑福亭伯枝 | 笑福亭右喬 | 笑福亭呂好 | 笑福亭呂竹 | 笑福亭呂鶴 | 笑福亭喬介 | 笑福亭喬楽 | 笑福亭喬若 | 笑福亭嬌太 | 笑福亭学光 | 笑福亭小つる | 笑福亭岐代松 | 笑福亭忍笑 | 笑福亭恭瓶 | 笑福亭扇平 | 笑福亭晃瓶 | 笑福亭智丸 | 笑福亭智之介 | 笑福亭智六 | 笑福亭松之助 | 笑福亭松五 | 笑福亭松喬 | 笑福亭松枝 | 笑福亭枝鶴 | 笑福亭猿笑 | 笑福亭瓶吾 | 笑福亭瓶太 | 笑福亭瓶成 | 笑福亭瓶生 | 笑福亭生喬 | 笑福亭生寿 | 笑福亭由瓶 | 笑福亭福笑 | 笑福亭竹林 | 笑福亭笑助 | 笑福亭笑子 | 笑福亭純瓶 | 笑福亭縁 | 笑福亭羽光 | 笑福亭遊喬 | 笑福亭達瓶 | 笑福亭里光 | 笑福亭鉄瓶 | 笑福亭銀瓶 | 笑福亭風喬 | 笑福亭飛梅 | 笑福亭鶴二 | 笑福亭鶴光 | 笑福亭鶴志 | 笑福亭鶴松 | 笑福亭鶴瓶 | 笑福亭鶴笑 | 菊地まどか | 藤本健太郎 | 豊来家一輝 | 豊来家大治朗 | 豊来家板里 | 豊来家玉之助 | 雷門音助 | 露の 瑞 | 露の 眞 | 露の 紫 | 露の 都 | 露の 雅 | 露のききょう | 露の五郎兵衛 | 露の吉次 | 露の団六 | 露の団四郎 | 露の團姫 | 露の慎悟 | 露の新幸 | 露の新治 | AKO

最近のトラックバック