2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「旭堂南海」の記事

2020.09.27

北御堂ゼミナール『特別法座』「石山合戦」と「戦国武将列伝」(20-044)

10:30 北御堂

・旭堂一海  明智光秀 諸国軍学修行
・旭堂南海  

024_20200927165801

2020.09.23

第275回 旭堂南海の何回続く会?(20-042)

19:00 大倫寺
・旭堂一海   
・旭堂南海  柴田勝家の最期(二)

275023

2020.08.26

第274回旭堂南海の何回続く会?(20-039)

19:00 大倫寺
・旭堂一海  三献茶の逸話
・旭堂南海  柴田勝家の最期(一)

274021

2020.08.23

北御堂ゼミナール『特別法座』「石山合戦」と「戦国武将列伝」(20-038)

10:30 北御堂
・旭堂一海  藤吉郎の帰郷 
・旭堂南海  

024_20200920164901

2020.08.21

福楽の底力(20-037)

・笑福亭呂翔  米揚げ笊
・桂 福楽   夏の医者  

・旭堂南海   本能寺
<<対談>> 福楽×南海【謎多き明智光秀】
中入り
・桂 福楽   駒長

022_20200920163901

2020.07.29

第273回 旭堂南海の何回続く会?(20-035)

 19:00 大倫寺
・旭堂一海  小野川と雷電
・旭堂南海  小栗栖の薮

Lqbfyxprow5yy4pdmcwoq
273tel

2020.07.26

北御堂ゼミナール「特別法座」(20-034)

10:30 北御堂
・旭堂一海  信長と藤吉郎
・旭堂南海  戦国武将列伝(1)織田信長、桶狭間に今川を破る〜

・旭堂南海  石山合戦(1)〜蓮如上人、石山を知る〜

Fullsizeoutput_1618

T4wqkgh9txqb4ieiozxpwq 
57szc6iqrhudl6lletw25w 

2020.06.24

第272回 旭堂南海の何回続く会? (20-028)

19:00 大輪寺
・旭堂一海   寛政力士伝〜雷電の初土俵
・露の 紫   厩火事
・旭堂南湖   大瀬の半五郎
・旭堂南海   上田秋成 雨月物語


2020.02.19

第271回 旭堂南海の何回続く会?(20-024)

19:00 千日亭
・旭堂一海  鳥居と成瀬
・旭堂南海  山崎久我畷大合戦

219011 
今回も、手元に二つのバージョンのチラシがある。
多分上のものが初期のもので、下の綺麗な方が後から作られたもの。

下の方は、ちゃんと一海くんの名前が出ている。
2/16の宝塚市の小林亭でもチラシに名前も演目も書かれてましたね〜。

 

で、その一海くん。
演目は鳥居と成瀬。
ワタシの古いブログを見てみると、南海さんで聞いたことがあった。

2014年4月26日、「旭堂南海の講談読切り独ヨガリ(当時、徳徳亭って言ってました。)」という会で、4月26日、27日の二日間、ともに昼席、夜席で各回とも南海さんが3席ずつ読むと言うもの。(ワタシは26日の昼夜に行きました。)

ちなみに、当日の演目は、

4月26日(土)開演14:00
「信長と秀吉」(桶狭間の戦い)
「土方長十郎の妻」(難波戦記異聞)
「腰元彫・昆観」(名人譚)

4月26日(土)開演18:00
「鳥居と成瀬」(三方原の戦い)
「維納の辻音楽師」(異国モノ)
「怪談・怨みの高座」(新作)

4月27日(日)開演14:00
「高山と中川」(天王山の戦い)
「藤十郎の恋」(菊池寛:作)
「鍔屋宗伴」(義士外伝)

4月27日(日)開演18:00
「七本槍の出陣」(賤ヶ嶽の戦い)
「三十三間堂通矢の由来」(名人譚)
「怪談・吉備津の釜」(上田秋成:作)

で、その鳥居と成瀬。
 徳川家康がまだ遠州浜松の城主だったころ、家康の家来に、鳥居四郎左衛門忠広と成瀬藤蔵正義の二人がいた。
 この二人の仲は大変悪かったが、あいにく屋敷が隣同士に割り当てられた。
 元亀3年12月のはじめの寒い日、鳥居は中間に、庭に馬盥(ばだらい・うまだらい、馬を洗うたらい)を置き湯を汲めと言いつける。冬のさなか、外で行水など・・・風邪をひいてしまう。
 中間は止めようとするが、鳥居は言うことをきかず、盥のなかで行水をし、中間に身体を洗ってもらう。
 戦では、敵に首をいつ取られるとも分からない。首実検の時に垢が付いていては「臆病者が戦場で首をすくめていた」と笑われてしまう。だからこうして首をきれいにしておく必要があるんだ。隣の腰抜け侍とは訳が違う、と言って笑う。
 この声が隣の成瀬に聞こえてしまった。怒った成瀬は中間に言い付けて水を汲んだ馬盥を用意させ、行水する。湯を使って行水するのは弱虫のすることで、真の勇者は水で行水するものだと言う。

 この声がまた隣の鳥居に聞こえたので、今度は氷の張ってある水を盥に汲ませ中に入る。
氷水の方が垢がよく落ちるという。これを聞いた成瀬は、中間に、手拭なんてヤワな物は使うな。縄に砂を付けて首を擦れ、するとそれを聞いた 鳥居は今度は岩で擦れ・・・互いに意地の張り合い。ついに二人は刀を取り、真剣で勝負を始めてしまう。

 そこへ通りかかったのが、酒井左衛門尉忠次(一海さんの話では本多氏だったような)。日頃から仲の悪い鳥居と成瀬が真剣でちゃんちゃんバラバラ始めたから、止めないといけない。
 庭に入ると、二人は真っ裸で真剣勝負をしている。ちょっとこの辺りで言葉が詰まり始めて、おしまいに。
 
(ここまで)
この後、酒井は仲裁に入ろうとするが、二人は聞く耳を持たない。そこで、酒井は二人を禄盗人だといって笑う。
ここで、もし一人が死んだなら、どうして武田を相手に戦う。これに二人ともハッと気づき、決着は戦場で付けようと二人の諍いは一応は収まる。
まあ、結局二人とも戦場で討ち死にしてしまうという話。
ネットであらすじを探してみました。



219010

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村へのリンクを復活しました。ぜひ、ポチッと。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村

2020.02.16

第100回公民館寄席 おばやし亭 〜旭堂南海 講談の会〜(20-023)

14:00 宝塚市・西公民館
・旭堂一海 宇治川の先陣争い
<対談「摂津・丹波と明智光秀」田辺眞人×南海>
中入り
・笑福亭生寿 手水廻し
・旭堂南海  本能寺の変

085_20200116195901

 

 

 

 

 

ブログ村へのリンクを復活しました。ぜひ、ポチッと。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

-こんな落語家さんの噺を聞きました。順不同。 TASUKU ※ 落語散歩 〜文楽〜 おしどり かみじょうたけし ぱぱとはる わんだふる佳恵 オール阪神・巨人 テント ナオユキ ビックリ! ツカサ 一龍斎貞司 一龍斎貞寿 一龍斎貞山 一龍斎貞心 三遊亭兼好 三遊亭円丸 三遊亭好楽 三遊亭小遊三 三遊亭楽太郎 三遊亭歌る多 三遊亭王楽 三遊亭白鳥 三遊亭遊吉 中川 桂 入船亭扇好 内海英華 千田やすし 古今亭志ん太 古今亭志ん橋 古今亭志ん輔 古今亭菊千代 喜味家たまご 太平サブロー 宝井琴柳 宝井琴調 宮村群時 小泉エリ 幸いってん 幸助、福助 快楽亭ブラック 揚野バンリ 旭堂さくら 旭堂一海 旭堂南也 旭堂南北 旭堂南喜 旭堂南左衛門 旭堂南文字 旭堂南斗 旭堂南歩 旭堂南海 旭堂南湖 旭堂南照 旭堂南舟 旭堂南華 旭堂南鈴 旭堂南陵 旭堂南青 旭堂南風 旭堂南鱗 旭堂南鷹 旭堂南龍 旭堂小二三 旭堂小南陵 旭堂左京 旭堂左助 旭堂左南陵 旭堂左山 旭堂左楽 旭堂左近 旭堂左雲 旭堂花鱗 旭堂鱗林 明石家のんき 春野恵子 月亭八光 月亭八天 月亭八斗 月亭八方 月亭八織 月亭可朝 月亭天使 月亭太遊 月亭文都 月亭方正 月亭方気 月亭秀都 月亭遊方 月亭遊真 松旭斎小天正 林家あずみ 林家うさぎ 林家そめすけ 林家なな子 林家卯三郎 林家小染 林家市楼 林家愛染 林家染丸 林家染二 林家染八 林家染吉 林家染太 林家染左 林家染弥 林家染雀 林家正蔵 林家正雀 林家竹丸 林家笑丸 林家花丸 林家菊丸 柳家さん喬 柳家小里ん 桂 一蝶 桂 七福 桂 三実 桂 三幸 桂 三度 桂 三弥 桂 三扇 桂 三枝 桂 三歩 桂 三段 桂 三河 桂 三若 桂 三語 桂 三象 桂 三金 桂 三風 桂 九雀 桂 二乗 桂 二葉 桂 優々 桂 出丸 桂 勢朝 桂 千朝 桂 南光 桂 南天 桂 吉坊 桂 吉弥 桂 団朝 桂 坊枝 桂 塩鯛 桂 宗助 桂 小枝 桂 小梅 桂 小留 桂 小米 桂 小軽 桂 小鯛 桂 弥壱 桂 恩狸 桂 文三 桂 文也 桂 文喬 桂 文太 桂 文我 桂 文昇 桂 文枝 桂 文珍 桂 文福 桂 文華 桂 文鹿 桂 春若 桂 春菜 桂 春蝶 桂 春雨 桂 春駒 桂 枝光 桂 楽珍 桂 治門 桂 珍念 桂 白鹿 桂 福丸 桂 福楽 桂 福点 桂 福矢 桂 福若 桂 福車 桂 米二 桂 米八 桂 米左 桂 米市 桂 米平 桂 米朝 桂 米紫 桂 米輔 桂 米輝 桂 紅雀 桂 若奴 桂 華紋 桂 蝶六 桂 都丸 桂 鈴々 桂 雀々 桂 雀喜 桂 雀太 桂 雀松 桂 鞠輔 桂 鯛介 桂 鯛蔵 桂あおば 桂あさ吉 桂あやめ 桂かい枝 桂きん太郎 桂きん枝 桂こけ枝 桂こごろう 桂さろめ 桂さん都 桂ざこば 桂しん吉 桂すずめ 桂そうば 桂ちきん 桂ちょうば 桂つく枝 桂ひろば 桂ぽんぽ娘 桂まめだ 桂まん我 桂よね吉 桂りょうば 桂わかば 桂三ノ助 桂三四郎 桂三馬枝 桂佐ん吉 桂吉の丞 桂和歌ぽん 桂咲之輔 桂團治郎 桂壱之輔 桂寅之輔 桂小文三 桂小春團治 桂小米朝 桂弥っこ 桂弥太郎 桂慶治朗 桂文之助 桂文五郎 桂春之輔 桂春團治 桂朝太郎 桂枝三郎 桂枝之進 桂枝女太 桂枝曾丸 桂梅團治 桂歌々志 桂歌之助 桂福團治 桂米団治 桂紋四郎 桂花団治 桂都んぼ 桂阿か枝 桂雀三郎 桂雀五郎 桂鹿えもん 桂鹿之助 森乃石松 森乃福郎 森乃阿久太 橘家円三 浮世亭とんぼ・横山まさみ 瀧川鯉朝 玉田玉山 玉田玉秀斎 磯部公彦 神田山陽 神田松鯉 神田陽司 神田鯉風 立川志の輔 立花家千橘 笑福亭たま 笑福亭べ瓶 笑福亭三喬 笑福亭仁勇 笑福亭仁嬌 笑福亭仁扇 笑福亭仁昇 笑福亭仁智 笑福亭仁福 笑福亭仁鶴 笑福亭伯枝 笑福亭右喬 笑福亭呂好 笑福亭呂竹 笑福亭呂翔 笑福亭呂鶴 笑福亭喬介 笑福亭喬楽 笑福亭喬若 笑福亭嬌太 笑福亭学光 笑福亭小つる 笑福亭岐代松 笑福亭忍笑 笑福亭恭瓶 笑福亭扇平 笑福亭晃瓶 笑福亭智丸 笑福亭智之介 笑福亭智六 笑福亭松之助 笑福亭松五 笑福亭松喬 笑福亭松枝 笑福亭枝鶴 笑福亭猿笑 笑福亭瓶吾 笑福亭瓶太 笑福亭瓶成 笑福亭瓶生 笑福亭生喬 笑福亭生寿 笑福亭生心 笑福亭由瓶 笑福亭福笑 笑福亭竹林 笑福亭笑利 笑福亭笑助 笑福亭笑子 笑福亭純瓶 笑福亭縁 笑福亭羽光 笑福亭遊喬 笑福亭達瓶 笑福亭里光 笑福亭鉄瓶 笑福亭銀瓶 笑福亭風喬 笑福亭飛梅 笑福亭鶴二 笑福亭鶴光 笑福亭鶴太 笑福亭鶴志 笑福亭鶴松 笑福亭鶴瓶 笑福亭鶴笑 菊地まどか 藤本健太郎 豊来家一輝 豊来家大治朗 豊来家板里 豊来家玉之助 雷門音助 露の 瑞 露の 眞 露の 紫 露の 都 露の 雅 露のききょう 露の五郎兵衛 露の吉次 露の団六 露の団四郎 露の團姫 露の慎悟 露の新幸 露の新治 AKO

最近のトラックバック