2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「月亭方正」の記事

2015.09.11

動楽亭昼席(15-125)

14:00 動楽亭
・桂弥太郎  動物園
・桂雀五郎  遊山船
・月亭方正  紙入れ間男
・桂 文福  相撲甚句
中入り
・笑福亭遊喬 ハンカチ
・笑福亭仁智 源太と兄貴

急遽、時間休暇でやってきた動楽亭。
ここのところずっと風邪気味で風邪薬のせいもあり、ごめんなさい、弥太郎さんと雀五郎さんはウトウトしてました。
雀五郎さんの遊山船は短めで、浴衣の模様まで行かず。
方正さんは噺家さんとしてはまだまだ新人やけど、考えたら、こんな位置に出るんやなー。
で、お待ちかねの文福さん。
今日、第一のお目当。
相撲場風景の一升瓶のあたりを合わせて演ってはったけど、相撲甚句だけでも満足、満足。残念だったのは、繁昌亭なら「見送り」で、文福さんのあのグローブのような手で握手をしてもらえるのがなかったこと。(とくに、ツレはちっちゃい手なんで文福さんの半分くらい。)
中入り後は最近よく聞く遊喬さんから。
残念ながら最近聞いたハンカチやったけど…
トリ、こちらが今日の二つ目のお目当、仁智さん。
何度か聞いてるし、チェルシーや埋蔵金もわかってはいるけど笑ってしまう。

ここのところ、落語会がつまらなくなってて、いろいろ考えたんやけど、今日は行ってよかったなー。

終演後、ジャンジャン横丁の大和屋2号店さん。
最近定番になってる春雨サラダや串カツ。今日は焼酎のキープまでやってしもた〜。









2010.11.23

第15回月亭八天独演会“LET‘S GO TO HELL TOUR”(10-41)

ワッハ上方5階・ワッハホール 14:00
 ・月亭天使 鷺とり
 ・月亭八天 地獄八景亡者戯
 ・月亭方正 手水まわし
 ・月亭八天 涙をこらえてカラオケを(桂三枝・作)

職場のU氏と同行、詳細は後日・・・・書くと思います。

2009.01.13

第41回十三寄席噺のにぎわいin繁昌亭(09-009)

天満天神繁昌亭 18:30
 ・笑福亭喬介 つる
 ・笑福亭呂竹 延陽伯
 ・月亭八天 茶の湯
 ・山崎邦正(月亭方正) 阿弥陀池
 ・月亭八天 小倉船

Dvc00007

午後の部、城北市民学習センターの落語会からバスに乗って扇町まで。商店街をちょっと散歩して5時半頃に繁昌亭へ。
すでに大勢の人がいて、整理券は71番。
なんとか、1階の通路サイドの席をキープする。
まずは、笑福亭喬介さん、「年季明けの解放感、でてますか?」って例の雰囲気で、おめでたい噺をって、つるを。

続いて、「八天師匠に急遽、出てみたら?」と言われて出てきたという笑福亭呂竹さん
「イヤです。とはいえませんので。」で、小咄二題から延陽伯を。
やっぱり一日の長あり。

さてさて、月亭八天さんは、ネタだししている茶の湯か、小倉舟。
最初は茶の湯でしょう。
「このためだけに東京からやってきてくれた山崎邦正(月亭方正)さんはなんと、大学に通っていて、それも心理学を勉強しているらしい。私はそんな彼の心理が知りたい。喬介くんの趣味は映画、呂竹くんの趣味は野球、私はおいしい食べ物とお酒、お風呂、歩くこと。なんやただのなまけもの。」ってマクラから若い頃出来なかったことに年をとってから没頭できるようになるもので、、、と、茶の湯へ。

中入り後、着物の裾を引き摺ってだらしなく登場した月亭方正さん。
去年の5月に月亭八方さんに、月亭の屋号をくださいっておねがいしたら、簡単に「ええよっ。」って。
皆さんもどこかで言うたらもらえますよ。って。
マクラで奥さんの「天然」ぶりを示す話として、家族旅行で沖縄に行ったときの話を紹介。
沖縄では、何にでも紅芋が入っていて、紅芋サブレ、紅芋クッキー、等々。帰る時に奥さんが空港のレストランで「なあなあ、べにちゃやて。紅芋のお茶や。」「それは紅茶や。」
演目は阿弥陀池、変に誰かのものまねでもなく、自分の言葉にしていて聞きやすい。
「上方落語」の範疇には入らへんかもしれへんけど、新しいジャンルかも。

トリの八天さん、たっぷり小倉舟。さっきとは全く違った、the上方落語。
落差と、幅を楽しめる落語会でした。
よかったよかった。

その他のカテゴリー

-こんな落語家さんの噺を聞きました。順不同。 TASUKU ※ 落語散歩 〜文楽〜 おしどり かみじょうたけし ぱぱとはる わんだふる佳恵 オール阪神・巨人 テント ナオユキ ビックリ! ツカサ 一龍斎貞寿 一龍斎貞山 一龍斎貞心 三遊亭兼好 三遊亭円丸 三遊亭好楽 三遊亭小遊三 三遊亭楽太郎 三遊亭歌る多 三遊亭王楽 三遊亭白鳥 三遊亭遊吉 中川 桂 入船亭扇好 内海英華 千田やすし 古今亭志ん太 古今亭志ん橋 古今亭志ん輔 古今亭菊千代 喜味家たまご 太平サブロー 宝井琴柳 宝井琴調 宮村群時 小泉エリ 幸いってん 幸助、福助 快楽亭ブラック 揚野バンリ 旭堂さくら 旭堂南北 旭堂南左衛門 旭堂南斗 旭堂南海 旭堂南湖 旭堂南舟 旭堂南華 旭堂南陵 旭堂南青 旭堂南鱗 旭堂南鷹 旭堂南龍 旭堂小二三 旭堂小南陵 旭堂左助 旭堂左南陵 旭堂左山 旭堂花鱗 明石家のんき 春野恵子 月亭八光 月亭八天 月亭八斗 月亭八方 月亭八織 月亭可朝 月亭天使 月亭太遊 月亭文都 月亭方正 月亭方気 月亭秀都 月亭遊方 月亭遊真 松旭斎小天正 林家うさぎ 林家そめすけ 林家卯三郎 林家小染 林家市楼 林家愛染 林家染丸 林家染二 林家染八 林家染吉 林家染太 林家染左 林家染弥 林家染雀 林家正蔵 林家正雀 林家竹丸 林家笑丸 林家花丸 林家菊丸 柳家さん喬 柳家小里ん 桂 一蝶 桂 七福 桂 三実 桂 三幸 桂 三度 桂 三弥 桂 三扇 桂 三枝 桂 三歩 桂 三段 桂 三河 桂 三若 桂 三語 桂 三象 桂 三金 桂 三風 桂 九雀 桂 二乗 桂 二葉 桂 優々 桂 出丸 桂 勢朝 桂 千朝 桂 南光 桂 南天 桂 吉坊 桂 吉弥 桂 団朝 桂 坊枝 桂 塩鯛 桂 宗助 桂 小枝 桂 小梅 桂 小留 桂 小米 桂 小軽 桂 小鯛 桂 弥壱 桂 恩狸 桂 文三 桂 文也 桂 文喬 桂 文太 桂 文我 桂 文昇 桂 文枝 桂 文珍 桂 文福 桂 文華 桂 文鹿 桂 春若 桂 春菜 桂 春蝶 桂 春雨 桂 春駒 桂 枝光 桂 楽珍 桂 治門 桂 珍念 桂 白鹿 桂 福丸 桂 福楽 桂 福点 桂 福矢 桂 福若 桂 福車 桂 米二 桂 米八 桂 米左 桂 米市 桂 米平 桂 米朝 桂 米紫 桂 米輔 桂 米輝 桂 紅雀 桂 若奴 桂 華紋 桂 蝶六 桂 都丸 桂 鈴々 桂 雀々 桂 雀喜 桂 雀太 桂 雀松 桂 鞠輔 桂 鯛介 桂 鯛蔵 桂あおば 桂あさ吉 桂あやめ 桂かい枝 桂きん太郎 桂きん枝 桂こけ枝 桂こごろう 桂さろめ 桂さん都 桂ざこば 桂しん吉 桂すずめ 桂そうば 桂ちきん 桂ちょうば 桂つく枝 桂ひろば 桂ぽんぽ娘 桂まめだ 桂まん我 桂よね吉 桂りょうば 桂わかば 桂三ノ助 桂三四郎 桂三馬枝 桂佐ん吉 桂吉の丞 桂和歌ぽん 桂咲之輔 桂團治郎 桂壱之輔 桂寅之輔 桂小春團治 桂小米朝 桂弥っこ 桂弥太郎 桂慶治朗 桂文之助 桂文五郎 桂春之輔 桂春團治 桂朝太郎 桂枝三郎 桂枝女太 桂枝曾丸 桂梅團治 桂歌々志 桂歌之助 桂福團治 桂米団治 桂紋四郎 桂花団治 桂都んぼ 桂阿か枝 桂雀三郎 桂雀五郎 桂鹿之助 森乃石松 森乃福郎 森乃阿久太 橘家円三 浮世亭とんぼ・横山まさみ 瀧川鯉朝 磯部公彦 神田山陽 神田松鯉 神田陽司 立川志の輔 立花家千橘 笑福亭たま 笑福亭べ瓶 笑福亭三喬 笑福亭仁勇 笑福亭仁嬌 笑福亭仁扇 笑福亭仁昇 笑福亭仁智 笑福亭仁福 笑福亭仁鶴 笑福亭伯枝 笑福亭右喬 笑福亭呂好 笑福亭呂竹 笑福亭呂鶴 笑福亭喬介 笑福亭喬楽 笑福亭喬若 笑福亭嬌太 笑福亭学光 笑福亭小つる 笑福亭岐代松 笑福亭忍笑 笑福亭恭瓶 笑福亭扇平 笑福亭晃瓶 笑福亭智丸 笑福亭智之介 笑福亭智六 笑福亭松之助 笑福亭松五 笑福亭松喬 笑福亭松枝 笑福亭枝鶴 笑福亭猿笑 笑福亭瓶吾 笑福亭瓶太 笑福亭瓶成 笑福亭瓶生 笑福亭生喬 笑福亭生寿 笑福亭生心 笑福亭由瓶 笑福亭福笑 笑福亭竹林 笑福亭笑助 笑福亭笑子 笑福亭純瓶 笑福亭縁 笑福亭羽光 笑福亭遊喬 笑福亭達瓶 笑福亭里光 笑福亭鉄瓶 笑福亭銀瓶 笑福亭風喬 笑福亭飛梅 笑福亭鶴二 笑福亭鶴光 笑福亭鶴志 笑福亭鶴松 笑福亭鶴瓶 笑福亭鶴笑 菊地まどか 藤本健太郎 豊来家一輝 豊来家大治朗 豊来家板里 豊来家玉之助 雷門音助 露の 瑞 露の 眞 露の 紫 露の 都 露の 雅 露のききょう 露の五郎兵衛 露の吉次 露の団六 露の団四郎 露の團姫 露の慎悟 露の新幸 露の新治 AKO

最近のトラックバック