2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第348回一心寺門前浪曲寄席(23-019) | トップページ | 築港高野山みなと浪曲寄席(23-21) »

2023.06.14

第26回四天王寺前夕陽ヶ丘講談会(23-20)

18:30 光照寺
・旭堂
一海  
般若寺の焼討ち
・旭堂南湖  円山応挙の幽霊画
・旭堂南華  奴の小萬 

・旭堂南海  楠木正成 赤坂の戦い
・旭堂南鱗  貧乏業平

会場に着くと見たこともない青年が受付に。
いつもの一海くんは横に立って指導しているのか、見張っているのか。
この青年は一体何者か?

開園時に「旭堂左燕」という人で、なんと、左南陵さんのお弟子さんだそう。

皆さんがいろいろ紹介されていたことを合わせると、一海くんは初めて「兄さん」と呼ばれたとのこと。
南湖さんは、もともと講談教室の生徒さんで、「プロになるか?」と聞いたこともあるそう。
その時にはキッパリ断っていたらしい。・・・「喧嘩売ってるのか!」
南海さんは、「師匠にはお金を貸さないよう。貸したら利息を取るように。」
南鱗さんは、実は左南陵さんが三代目南陵の一番弟子だということ。「世間は四代目が一番弟子だと思ってらっしゃでしょうが。」

一人の新人でたくさんの話題が広がり、活気が出たというのか、非常に楽しい会でした。

« 第348回一心寺門前浪曲寄席(23-019) | トップページ | 築港高野山みなと浪曲寄席(23-21) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第348回一心寺門前浪曲寄席(23-019) | トップページ | 築港高野山みなと浪曲寄席(23-21) »

最近のトラックバック