2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第六回 鶴喜寄席(20-014) | トップページ | この四人の会シニア(20-016) »

2020.02.02

野崎さんじょう亭落語会(20-015)

野崎さんじょう館
・露の 眞   手水廻し
・明石家のんき 始末の極意
・明石家のんき 桜ノ宮

Cvlf5deqtwizttt0kgsr3w

いい天気。
例によって、受付で次回の告知のビラをもらう。
なんと、3月、4月は落語会がないそうで、次は5月3日。

まずは、眞さん。
いつもの、「こう見えて女の子です。」から始まり、いつぞや聞いた母親の友達の娘さんが◯◯◯48にいてるアイドルだったという話。
演目は、手水廻し。

続いて、のんきさん、お客さんのお一人が昨日の繁昌亭にも来ておられたそうで、そのお客さんとの会話から。
演目は、「申し訳ない、昨日と同じネタですねん。」と、始末の極意。
ワタシものんきさんの始末の極意、何度目やろうか。

で、いつもなら一席で降りるところ、3月、4月の会がないので、おまけに一席。

覚えてるかどうかわからん・・・と、桜ノ宮を。

おまけの一席で、けっこうお得な感じがしますね〜。


1n20ljq4r9grldyq55viua

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村へのリンクを復活しました。ぜひ、ポチッと。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村

« 第六回 鶴喜寄席(20-014) | トップページ | この四人の会シニア(20-016) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第六回 鶴喜寄席(20-014) | トップページ | この四人の会シニア(20-016) »

最近のトラックバック