2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 南鈴の実験室(20-020) | トップページ | 第20回講談セミナー 『本能寺への道、光秀の真実』~旭堂南海の太閤記深読み 明智光秀編③ ~ (20-022) »

2020.02.12

第11回 光照寺講談会(20-021)

18:30 光照寺

・旭堂一海   信長と藤吉郎
・旭堂鱗林   藤井聡太物語
・旭堂南湖   大瀬半五郎
・旭堂南鱗   荒大名の茶湯
中入り
・旭堂南海   角屋船の由来
・宝井琴調   赤垣源蔵徳利の別れ

2092

仕事での出先から直接向かったので、比較的早めに到着。
小降りの雨の中、傘をさそうかどうしようか。

初の光照寺さん。
Erasb1orthsefo4hwkyxmw

真新しい本堂。
Jxyxydtusuyhu26rxrl6q

初の「ナマ」琴調。
赤垣源蔵では、源蔵が不在の兄(塩山)伊左衛門を思い一人で酒を飲むくだりで、二人で会話しているように進める。
兄弟で手習いをさぼって草相撲を見に行き父親に叱られたこと、「あの時に兄上が泣かれ・・・泣いてない・・・いえいえ、泣いておられましたよ。」
父同様に厳しい母親だったが、耳掃除をしてもらったことがうれしかったことなど父親や母親の思い出話を語る。
こうした筋は初めて聞きました。

こちらは、この会の以前のバージョンのチラシ。

きっとゲストの宝井琴調さんの出演が決まる前に作られたもの。
11033

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな落語ブログがあつまっています。一度押してみてください。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村

« 南鈴の実験室(20-020) | トップページ | 第20回講談セミナー 『本能寺への道、光秀の真実』~旭堂南海の太閤記深読み 明智光秀編③ ~ (20-022) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南鈴の実験室(20-020) | トップページ | 第20回講談セミナー 『本能寺への道、光秀の真実』~旭堂南海の太閤記深読み 明智光秀編③ ~ (20-022) »

最近のトラックバック