2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 連続講談 千鳥亭〜講談7日間続き読みと落語を聴く会(5/7)(19-115) | トップページ | 第24回 六代目松喬一門会がホリエでアルテ(19-117) »

2019.12.27

連続講談 千鳥亭〜講談7日間続き読みと落語を聴く会(7/7)(19-116)

18:00 此花千鳥亭
・旭堂南龍  一休禅師 
・桂 春蝶  看板の一(公卿版)
中入り
・旭堂小南陵 妲妃のお百

025
026

Txz5eio4syyrtq8cbkyhq

一週間を振り返って(1日休んだけど)、特に妲己のお百について。

小南陵さん、女性だけでも十代の頃のお百から、廻船問屋の(生まれつきのお嬢様育ちの)おかみさん、江戸に移ってからは火消しのカミさんや、盲目の峯吉、その娘・・・etcの描写が素晴らしい。

それに加えて、大阪弁と江戸言葉の違いも。(話の筋からいうと、本来は東北弁も出てくるのかも。)

おまけに、男の登場人物も、大店の(やや、気の弱いお坊ちゃん育ちの)主人、下働きの店員、お百の兄の魚屋から盗人の親方ほか一味、捕り方の役人や親の仇を追う侍まで、それぞれになりきり素晴らしかった。

気の弱い盗人が人殺しを命じられたり、峯吉を殺したことからそれを気に病み、女房子供を手にかけてしまったりと、残酷なところも見事に演じてました。(演じた数だけいうと、海坊主もカウントに入れないといけないのかも。)

老若男女、大阪・江戸、年齢層、いい人か悪い人か、侍・役人・町人・商人・遊女・小間使いのおばあさん、もう数え切れないキャラクターが登場する。
女性の素晴らしい描き分けは、男性の講談師では(名人と言われる人でも)ここまでは無理だとおもう。ほんまに素晴らしかった。

 

 

 

一週間の出席簿。
084
スキャナーで読み込むと、こんな色になってますが、3日目と7日目は金色です。

 

 

 

 

いろんな落語ブログがあつまっています。一度押してみてください。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村

« 連続講談 千鳥亭〜講談7日間続き読みと落語を聴く会(5/7)(19-115) | トップページ | 第24回 六代目松喬一門会がホリエでアルテ(19-117) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連続講談 千鳥亭〜講談7日間続き読みと落語を聴く会(5/7)(19-115) | トップページ | 第24回 六代目松喬一門会がホリエでアルテ(19-117) »

最近のトラックバック