2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 島之内寄席 6月席〜上方落語家による江戸の会その弐〜」(18-029) | トップページ | 奉祝 第150回 落語の落後の楽語(18-031) »

2018.07.01

第4回 東文化茂山狂言会『死神』(18-030)

14:00 堺市立東文化会館5階メインホール
 落語=笑福亭たま
 狂言「死神」=茂山千五郎、茂山茂、茂山逸平、ほか
  鼎談=茂山逸平、笑福亭たま、司会・小佐田定雄

到着して、開場前なのでどんなところか下見。

なんと、完売とのこと。

会場は5階やけど、下は商業フロアだったりするので、かなりの高さ。
PLの塔が見える。


入場してみると、すでに舞台には高座のしつらえが。
まずは、小佐田さんの挨拶のようなものがあって、たまさんの落語。
今日は客層がいつもの落語会とはかなり違うような気がする。
たまさん、例によってショート落語から、死神を。
たまさんも死神をされるんやー。って、それを聞きに来たんやけど。

中入り後は狂言。
「死神」が初めての人も、たまさんの落語であらすじもわかってるし、わかりにくい言葉もない。(特に、大阪弁的には。)



« 島之内寄席 6月席〜上方落語家による江戸の会その弐〜」(18-029) | トップページ | 奉祝 第150回 落語の落後の楽語(18-031) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第4回 東文化茂山狂言会『死神』(18-030):

« 島之内寄席 6月席〜上方落語家による江戸の会その弐〜」(18-029) | トップページ | 奉祝 第150回 落語の落後の楽語(18-031) »

最近のトラックバック