2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 落語の落後の楽語(18-024) | トップページ | 島之内寄席 5月席(18-026)上方落語家による江戸噺の会その壱 »

2018.05.20

ひがしむき寄席(18-025)

15:00 奈良基督教会
・桂りょうば 試し酒
・桂 出丸  たいこ腹
・桂雀三郎  胴乱の幸助








« 落語の落後の楽語(18-024) | トップページ | 島之内寄席 5月席(18-026)上方落語家による江戸噺の会その壱 »

コメント

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

南光さんに教えて差し上げて下さいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97448/73491482

この記事へのトラックバック一覧です: ひがしむき寄席(18-025):

« 落語の落後の楽語(18-024) | トップページ | 島之内寄席 5月席(18-026)上方落語家による江戸噺の会その壱 »

最近のトラックバック