2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第一回 菊水楼寄席 夏の會(17-028) | トップページ | 染吉10周年記念 5日連続落語会〜染吉っとんの会 第一夜(17-030) »

2017.08.11

無学亭 帝塚山・落語菜 vol.35〜由瓶が後輩に胸を借りる会(17-029)

16:00 帝塚山 無学
・桂弥っこ   犬の目
・笑福亭由瓶  癪の合薬
・桂 吉坊   住吉駕籠
中入り
・桂 吉坊   足上がり
・笑福亭由瓶  搗屋幸兵衛

019


無学へは数年ぶり。駅からスマホで場所を探そうかと思ってたら、同じ電車の少し離れたところに入谷和女さん。
彼女についていけば、いけるはず。

粉浜からの道で、ツレに、松枝さんの「ためいき坂、くちぶえ坂」の話をしながら、「こんなに近かったんや。」と思いながら到着。

最近、鶴瓶さんのラジオで、シロアリがでて、改装をしたとは聞いてたけど。
たしか、昔は、玄関で靴を脱いで多様な記憶がある。
寄席と言うより、明るい、小洒落たミニホールに変貌。

マスダさんや、足をくじいてる「最前列さん」にもお会いしました。
(マスダさんは、菊水楼でもお会いしました。)

冷房も効きすぎるくらい効いていたけど、演者さんは、皆さん汗だく。
(着物じゃなく浴衣姿の由瓶さんも汗だく!)

由瓶さんも言ってたけど、やっぱり、吉坊さん、由瓶さんは客層が違っていて、けど、両方ともすごく受けていて、いい会でしたね。
ツレは「癪の合薬」が大好きで、受けてました。
ワタシ、由瓶さんのマクラやオーバーアクションはチョイ苦手やし、船場の御寮人さんがなぜか京都弁で、話に入っていけず。

吉坊さんの住吉駕籠は、秀逸。
お袖の「もーし、旦さん!」からの、焼き焼き焼き。
次に聞く台詞も、ほぼ判ってるのに笑ってしまう。
最近(まあ、落語を聞くこと自体、少なくなってはいますが。)、古典落語で吹き出すほど笑うことは滅多にない中、楽しかったですねー。

中入り後は、前から聞きたかった足上がり。
誰かに感想を聞いたことがあって、踊りの素養もある吉坊さん、番頭が芝居の話をする様がホンマに体が浮くようやったって感想。
なるほど、じっくり聞かせますね。

明日からは、5連荘!
染吉っとんの会に行きます!

ブログ村へのリンクしてます。さて、今日の順位は?ぜひ、ポチッと。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村

« 第一回 菊水楼寄席 夏の會(17-028) | トップページ | 染吉10周年記念 5日連続落語会〜染吉っとんの会 第一夜(17-030) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97448/71392733

この記事へのトラックバック一覧です: 無学亭 帝塚山・落語菜 vol.35〜由瓶が後輩に胸を借りる会(17-029):

« 第一回 菊水楼寄席 夏の會(17-028) | トップページ | 染吉10周年記念 5日連続落語会〜染吉っとんの会 第一夜(17-030) »

最近のトラックバック