2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« そうばと染吉と米輝と(15-118) | トップページ | 第443回上方講談を聞く会(15-120) »

2015.08.21

第30回 米紫の会(15-119)

19:00 雀のおやど
・桂 白鹿  田楽喰い
・桂 米紫  看板の一
・桂まん我  豊竹屋
・桂 米紫  景清


ツレとも「米紫さんってうまいよなー。」って共通の感想。
ワタシ、昔々の、芝居もやってはった(トンちゃんって呼ばれてた?)頃のイメージもすっかり抜け、すーっと落語に入れるようになってきた。
やっぱり今は、大名人候補だと素直に思ってます。

で、それを踏まえて一つだけ気になったことを。
今日のネタ、看板の一では、「ほしたら看板のサイコロは懐にしまって…」、景清では(下取りの?)目の玉を「懐になおしておこう」。
この二つの同じシーンで、米紫さんは「懐(ふところ)」でなく、「袂(たもと)」にしまってはった。
ワタシ、ものごっつい違和感。
今日はそれが、たったそれだけやのに残念で残念で。
(実は、落語会が終わってある店で飲んでると米紫さん一行の打上げ組(?)が、直ぐ隣の席に!)

あと、ツレが「なんか、まん我さん、人気あるのがわかるような気がする。」って。
彼女は、浪花三座会でも一に南青、二に吉坊(すみません一、二は間違えてるかも?)、三四がなくて…まあ、まん我さんが苦手やったそうです。
それが今日の噺(と言うか、マクラ)を聞いて好きになったようです。

まあ、トータル、お値段(ずぅっと)以上の落語会には間違いありません。





« そうばと染吉と米輝と(15-118) | トップページ | 第443回上方講談を聞く会(15-120) »

コメント

「笑いが痛い」かったのに、ねっ、成長しまっしたやろヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97448/61268498

この記事へのトラックバック一覧です: 第30回 米紫の会(15-119):

« そうばと染吉と米輝と(15-118) | トップページ | 第443回上方講談を聞く会(15-120) »

最近のトラックバック