2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第6回紫雲の会〜むらさき落語勉強会(15-070) | トップページ | 文太 噺の世界in高津の富亭 6月水無月席(15-072) »

2015.06.07

枝さんの朝から落語会(15-071)

10:00 天満天神繁昌亭
・桂 小梅    始末の極意  
・桂枝三郎    十徳
・笑福亭智之介  親子酒  
・桂枝三郎    青菜  



例によって朝席、例によってまにまに(OeufCafeです。)
いつものたまごトーストってこんなんです。


今日は小梅さん、何やろうなー?
まさか、いぬのめやないやろうなー?って思いながらブログの下書き。

今日は(今日も)午後にも落語に行くので、できればかぶらないほうが嬉しい。
午後の文太さんの高津の富亭はネタ出しされていないので、わからないけど。

小梅さんは、幸いにも?始末の極意。
遠くの席で見てると師匠そっくりですね。ちょっとダイエットしたのかな?
マクラでも師匠の話題、自家用車、6年で36万キロはしってるという…地球から月までの距離を超えたそうな…

枝三郎さんは十徳。
前半はやかん(無学者)かなと思うほど、色んな話題に…何で海の水が辛いのか…など。

智之介さんの親子酒は多分二度目。
♩赤い花なら曼珠沙華〜♩

トリ、枝三郎さんの青菜は、旦さんの家にいる時から義経の説明が、「牛若丸って言うてて、あと、弁慶や静御前が出てくる芝居の話があったやろ?」と、くどいほど。
で、その理由はオチで判明。

奥さんが「末の名も九郎判官〜義経、義経……弁慶」とまで言ってしまう。そこに、「静かにしろ。」




« 第6回紫雲の会〜むらさき落語勉強会(15-070) | トップページ | 文太 噺の世界in高津の富亭 6月水無月席(15-072) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枝さんの朝から落語会(15-071):

« 第6回紫雲の会〜むらさき落語勉強会(15-070) | トップページ | 文太 噺の世界in高津の富亭 6月水無月席(15-072) »

最近のトラックバック