2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第32回 文楽鑑賞教室(15-075) | トップページ | 古いチラシの処分(番外) »

2015.06.12

第12回落語とやきとりの会(15-076)

19:00 鳥屋台囃屋
・笑福亭飛梅   鰻屋
・林家花丸    厩火事

12



この会、宴会モードでは、基本自席では禁煙。
で、タバコ臭いオヤジ達は出入り口あたりの「暫定喫煙スペース」へ通うことになる。
そこでの話が、また楽しい。
飛梅さん曰く、なんでも縁ちゃんが弟子入りしてから松枝師匠がメッチャ優しくなったとのこと。
彼女に優しいのはもちろん、怒っているところを見せて怖がらせないように、兄弟子達にも優しくなって・・・まあ、兄弟子二人はともかく、縁ちゃん、可愛いもんなぁ〜。



おっと、落語の感想も書いておかないと、また指摘を受けるので・・・。
飛梅さん、出囃子のCDを忘れてきたとかで、手に持ったiPhoneで出囃子を鳴らしながらの登場。
出だしでは「こんにちは〜、おまはんかいな。」とやってしまい、「間違えました。やり直します。」(鰻屋やから、「お前、なにやってんねん? 立ってんねん。」ですね〜。)
今日は最前列で見てたので、なかなか迫力があり楽しい。
繁昌亭やTORIIホールでは見上げる形がしんどいので、滅多に最前列には座らないから。



花丸さん、開場前には大阪王将に居てはったので、先に腹ごしらえしてはったんかな?
宝塚マクラで演目は厩火事。(昨日、文太さんで聞いたところ。)
はじめのうちは、同じネタでちょっと残念かとも思ってたけど、ちょっとした脚色の違いが楽しい。
オチは「ちょっとした違い」ではなく、「遊んで飲んでられへんやろ〜。」に、またお咲さんが怒って無限に噺が続いていく・・・。
喧嘩はしても実は仲がいい(んであろう)夫婦(めおと)が描かれていて、ほわっとするいい噺でした。



次回、9月25日(金)、福若さんと石松さんで、なんと初めての艶笑話2話とのことで、さっそく予約してきました。



13007






« 第32回 文楽鑑賞教室(15-075) | トップページ | 古いチラシの処分(番外) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12回落語とやきとりの会(15-076):

« 第32回 文楽鑑賞教室(15-075) | トップページ | 古いチラシの処分(番外) »

最近のトラックバック