2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 米朝一門会(15-031) | トップページ | 第9回露の新治寄席(15-033) »

2015.03.29

兵庫県芸術奨励賞受賞記念 『通し狂言 伊勢参宮神乃賑』(15-032)

14:00 トリイホール
・桂 華紋  色事根問
・林家染左  
  「発端~野辺~煮売屋~七度狐」
  「宿屋町~京名所~三十石」

Img_1630


1012

真ん中下あたりに「ご来場の方に記念品進呈」との文字。

2013

こちらのシンプルなチラシには書かれてません。

メールで予約したので、雨が降っても元気にお出かけ…まあ、そんなに元気でもないけどね。
13:25くらいにトリイホールの受け付け。すでに開場されていて結構な入り。
いつものあたり(右の柱の辺)に陣取りiPadで遊んでいると、続々とお客さんがやってくる。
最初は通路に補助椅子を置いたりしていたが間に合わず、後ろの本来なら通路になるところにも簡易な椅子を。
それでも座れないお客さんは立見で…。

ワタシの前のおっさんは、体を動かすたびに椅子を後ろに引いてきて、狭い狭い。

まずは染左さんのご挨拶。
普段はもっと少人数で落語をやってるんですが…すでに秋にもここトリイでの会が決まったそうで、次回「俺が行かんでも大丈夫やろ〜」と、皆さん考えないでくださいねー。落語会の陥りやすい罠で、次回、ふたを開けるとガラガラということが、よくありますんで。

今日のプログラム

3014


そんな中で、華紋さんの登場。
大入り満員のトリイホールでは、声が聞き取りにくいほど。
色事根問をゆっくり聞かせてくれました。

続いて染左さん、前半は、お伊勢さんに向かう道中、発端~野辺~煮売屋~七度狐まで。
あ〜発端のタタキが心地いい。

中入り後、少しは人が減ったのか・・・?
そうでもなさそう。
ワタシ、立ち見なら3時間近くも辛抱できへんけどな〜。
三十石の船頭唄、染左さんはうまいなあ。「大御所」って呼ばれる人でも「おいおいっ」って感じのメロディの人っていますよね〜。

隣の船頭(声だけ聞こえてくる)は染八さん、ちょっとメロディがって突っ込まれてました。

こちらは記念品の手ぬぐい

Img_1631

« 米朝一門会(15-031) | トップページ | 第9回露の新治寄席(15-033) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 米朝一門会(15-031) | トップページ | 第9回露の新治寄席(15-033) »

最近のトラックバック