2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第76回西成寄席(15-022) | トップページ | 第251回 天満講談席(15-024) »

2015.03.08

動楽亭昼席(15-023)

14:00 動楽亭
・桂 優々  近日息子 
・桂ひろば  上燗屋
・桂まん我  あくびの稽古
・桂 出丸  高津の富 
中入り
・桂 米紫  義眼 
・桂米團治  七段目



3








初っ端の優々さん、なんと出だしから近日息子を。
最近、よくかけているらしい噺らしいけど、最初っから!
また、いきなりスピード全開で、飛ばす飛ばす。
お客さんも、置いてきぼりにならず、ぐいぐい引き込まれ爆笑に。
20分近い熱演。
ひろばさんも負けじと道頓堀クルーズのマクラをたっぷりと、噺は短めの上燗屋。
まん我さんも噺としては短めのあくびの稽古やのに、お客さんの「笑の間」があるのか、みんな「たっぷり感」。
中トリの出丸さんは高津の富。こちらも当然の大熱演。(この際、オチでちょっととちったことは触れないでおこう。)

中入り後米紫さんは、時間調整を心がけたのか、義眼を短めに?まあ、短くはなってなかったけど。
米紫さんの降りた時点で16時、さてここからトリの米団治さん。
もう盛り上がってる客席をそのまま(米朝さん話題も入れつつ)七段目。
米団治さんの七段目にはいつも感心するんやけど、毎回何か新しくなってる。
二階の作次郎は今日は五段目の猪になっていたし。
こうした改良?工夫ってのは、いったい誰が考えているんやろう。
この間は落語、特に古典落語に飽きてきたみたいなことを書きましたが、前言撤回、今日は久々の感動でした。


*参考に


わかりますか? この↑あたり。



福楽さんが体調不良のようです。
長引く病気でなければいいんですが…。

« 第76回西成寄席(15-022) | トップページ | 第251回 天満講談席(15-024) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97448/59188581

この記事へのトラックバック一覧です: 動楽亭昼席(15-023):

« 第76回西成寄席(15-022) | トップページ | 第251回 天満講談席(15-024) »

最近のトラックバック