2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第430回 上方講談を聞く会(14-100) | トップページ | 大阪連続講座第4回「大坂城主 豊臣秀頼の実像」(14-番外) »

2014.07.26

朝席 出丸・文華の長講の会(14-101)

10:00 天満天神繁昌亭
・桂 華紋  子ほめ
・桂 文華  七度狐
・桂 出丸  百人坊主  

0726001



さて、土曜の朝は繁昌亭朝席、その前に「間に間に」で、モーニング…がーん、臨時休業やて。
で、ちょい南のドトールでホットドッグモーニング。
今日は朝席の後、夜の四天王寺さんの落語会まで予定なし。

さて、落語。
華紋さんの子ほめは、師匠文華さんによると、教えたときには20分あったものが今日のは15分とのこと。

その文華さん、七度狐で案主さんが夜伽に出かけるときに「魔性のもの」がでる話をすっぽかして出かけかけてしまう。

出丸さんの百人坊主は、はて、誰のテキストなのか。
ややつまりながらの口調は、もうキャラとして定着してるので、最後にご本人が謝らないといけないほどの出来ではないですよ。

« 第430回 上方講談を聞く会(14-100) | トップページ | 大阪連続講座第4回「大坂城主 豊臣秀頼の実像」(14-番外) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝席 出丸・文華の長講の会(14-101):

« 第430回 上方講談を聞く会(14-100) | トップページ | 大阪連続講座第4回「大坂城主 豊臣秀頼の実像」(14-番外) »

最近のトラックバック