2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第33回桂三風の早起き寄席(13-094) | トップページ | 落語家と行く なにわ探検クルーズ(番外) »

2013.10.11

林家そめすけ独演会(13-095)

18:30 天満天神繁昌亭
・笑福亭生寿  平林
・林家そめすけ 看板の一
・豊来家玉之助 太神楽
・林家そめすけ 宿屋仇
中入
・対談 大阪24区おもしろ噺  ゲスト 前大阪市長 平松邦夫
・林家そめすけ 通天閣(串カツ屋編)

はじめに笑福亭生寿さんの登場、今日はワタシ的には普通の落語会だとは思っていなかったので、何となく普通の落語会の段取りに戸惑う。

生寿さんは平林。
この間も思ったけど、師匠に似るということは善し悪しがあるな〜って。 

生寿さんの話し方の折々に師匠の顔が浮かぶ。
それもいいところじゃなく、悪い面だけがクローズアップされて。
間の取り方や、言葉の後に「ぅ〜」とか、「ぇ〜」って言葉が入るところ、ワタシは好きではありません。(非常に文章にしづらいんですが。)

続いて、そめすけさん、看板の一。
西成ネタのマクラは正直、やや飽きてきましたが、場内は受けている。
どうも普段の落語会には来られてない層が多い様子。

短めの看板の一の後は、豊来家玉之助の太神楽。
時折見せるガッツポーズや、笑みはなかなか計算されていて、うまいって思いますね。

中トリのそめすけさんは宿屋仇。
へ〜っ! 普通の落語もしっかりできるんやって書くと失礼か・・・・・

中入り後、今日のキモ。平松さんとの対談。
平松さんは(初めてお見かけしたわけではないけど)非常に上品やということがあらためてわかった。
他者のことを悪く言うわけでもなく、相手を思いやらず責め立てるようなこともせず、穏やかに、だけど評論家的に第三者の立ち位置でもなく。
聞いていて気持ち良くなる話し方。

相手を徹底的に叩き、痛めつけるようなことはせず、あくまで紳士。
多分、子供の喧嘩で強くありたい人にはわからないと思います。
平松さんなら、おごり高ぶって、「これが民意だ。」なんて、絶対に言わないだろうし。

Img_0632

繁昌亭の舞台は初めてだと仰る平松さん、「色もの」です。

トリはワタシの大好きな通天閣(串カツ屋編)。

木村充揮さんの天王寺がバックに流れて雰囲気は最高。
今日は絶対に串カツを食べに行くと心に誓う!

« 第33回桂三風の早起き寄席(13-094) | トップページ | 落語家と行く なにわ探検クルーズ(番外) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97448/53567212

この記事へのトラックバック一覧です: 林家そめすけ独演会(13-095):

« 第33回桂三風の早起き寄席(13-094) | トップページ | 落語家と行く なにわ探検クルーズ(番外) »

最近のトラックバック