2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 動楽亭昼席~2月席~(13-012) | トップページ | 文太・噺の世界in高津の富亭~文太の贋作あれこれ~(13-014) »

2013.02.02

冬のならまちナイトカルチャー~講談と落語~(13-013)

19:30 奈良市・ならまちセンター
・旭堂南青  義士銘々伝 間重次郎
・笑福亭純瓶 鹿政談

今日、三つ目の会は、ならまちで。
Img_0121
Img_0122
表を通りかかると、チラシを配ってはって「7時半から落語と講談の会がありますよ〜」とお誘いが。ワタシ「予約してますよ〜。」と。
会場は、ダンスだとかの教室に使えるようなフローリングの部屋で、カーテンなどでうまく違和感がないようにされている。Img_0125
この時点では、これくらいの入りですが、後で係の方が椅子をたくさん出してきて、結構な入り。
もともと、70人まで予約と書かれてありましたが、超えていたでしょうね〜。
Img_0126
まずは、南青さんから。演目は「義士銘々伝 間重次郎」。
非常に重い、なんとも言えない話。
妻は結局のところ、夫を信じ切っていなかったのか、夫はもっと優しく、妻を信じることができなかったのか。

で、会場が重々しくなったところ、純瓶さんの登場。
つらいでしょうね〜。噺家さんとしては。
この雰囲気を「お笑い」にもっていかないといけない・・・。

で、奈良にちなんだ噺ということでも鹿政談を。
奈良町奉行は川治左右衛門尉鹿奉行は河内播磨

うーん、初めて聞く名前ですね。奈良町奉行では、松野河内守や根岸肥前守、曲淵甲斐守の名前は聞いたことがあるんですが。鹿の守役は塚原出雲が定番だと思っていたんですが。

※奈良町奉行について、詳しいページがあります。

終演後、奈良を散策。奈良の夜は早く、商店街も9時前だというのに人気(ひとけ)がなくなります。
人が少ないからお店が早くに閉まるのか、お店が開いてないから人が集まらないのか・・・・

« 動楽亭昼席~2月席~(13-012) | トップページ | 文太・噺の世界in高津の富亭~文太の贋作あれこれ~(13-014) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬のならまちナイトカルチャー~講談と落語~(13-013):

« 動楽亭昼席~2月席~(13-012) | トップページ | 文太・噺の世界in高津の富亭~文太の贋作あれこれ~(13-014) »

最近のトラックバック