2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 安養寺寄席(11-86) | トップページ | ラジオ(番外) »

2011.11.28

落楽咲耶木之花 大阪倶楽部の段~文楽人形と落語のコラボレーションvol.2(11-87)

19:00 大阪倶楽部4階ホール

Img_1136

第一部「咲くやこの花 競艶」
 ・桂かい枝 豊竹屋
 ・内海英華 女道楽
 文楽「伊達娘恋緋鹿子~火の見櫓の段~」(竹本相子大夫、鶴澤清丈、鶴澤清公、吉田一輔、ほか)

第二部 文楽人形と落語のコラボレーション
 桂かい枝、吉田一輔、ほか

Img_1134

Img_1135

定刻10分遅れで開場。
1322473706185.jpg


第一部は、「咲くやこの花 競艶」として、落語、女道楽、文楽それぞれを。
まずは落語、桂かい枝さんの豊竹屋。
浄瑠璃にちなんでの演目。

続いて、内海英華さん。
元々、お囃子での咲くやこの花賞を受賞したとのことで、下座の落語家さんといっしょにリクエスト出囃子の演奏を。リクエストは文珍さん、南光さんの声が挙がり、そのあと、もう一つの本芸、女道楽。
やっぱりきれいな〜。
こんな人に三味線弾いてもらって、お酒(日本酒は弱いねんけど)飲みたいな〜

文楽のパートでは、「伊達娘恋緋鹿子~火の見櫓の段~」を。
竹本相子大夫、鶴澤清丈、鶴澤清公、吉田一輔で。
このあたり、どうしても現物を見てみたいですよね。
写真でも無いかと探していると、英華さんのブログにありました。
もちろん、英華さんのお写真も。

第二部は、「文楽人形と落語のコラボレーション」として、小佐田さん、クマザワさんの合作を。
あらすじは、大阪の住民、のだよしひことひとみ夫妻、アメリカからの観光客マリンを大阪観光に連れて行くって役目。
通天閣から文楽劇場、生玉神社、なにわの宮跡、歴史博物館、大阪城を巡り、大阪倶楽部に到着。
そこで出会った酔っ払いの適当な観光ガイド、それに怒った咲くやこの花姫。
ここいらで、人形の登場。
加賀正太郎(実在の人物)も。
この花姫の登場には、英華さんの声で「お姫の姿~ありありと~。」(高雄の登場シーンと同じ。)だったり、姫にAKB48の「会いたかった~」を踊らせたりサービス満点のコラボレーション。
(人形の「怖い顔」びっくりしましたね~。)


 
こんなところにも参加してます。
クリックして今日の順位の確認を。
↓↓↓
にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村

終演後の見学会・・・・
Img_1140


Img_1141


Img_1142


Img_1144


Img_1145


Img_1148


Img_1149

おまけ。バーのメニュー。
リーズナブル。
Img_1147


« 安養寺寄席(11-86) | トップページ | ラジオ(番外) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 安養寺寄席(11-86) | トップページ | ラジオ(番外) »

最近のトラックバック