2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第90回土曜てぃーたいむ寄席(11-05) | トップページ | 奈良市立史料保存館(番外) »

2011.05.08

ひがしむき寄席(11-06)

奈良基督教会 15:00
 ・桂まん我  寝床
 ・桂 出丸  花筏
 ・桂 勢朝  子は鎹

28higashi

まいど、おきまりの商店街から、階段と提灯の写真
Dsc00631

ひとこと書かれている言葉を味わう。
Dsc00630

会場ではおきまりのアンケートがあって、

これまで来た回数 ・初めて  ・(    )回

を記入する欄がある。
で、iPhoneがあるのでこのページを出して、左のカテゴリー「桂 出丸」で検索するとなんと、10回目のひがしむき寄席。

例によって提灯の写真をとって、Dsc00632

舞台の真ん前から、舞台の後方を望む。
Dsc00633

会場風景
Dsc00636

パイプオルガン
Dsc00638

(付録)
奈良の駅前での風景。
なかなか楽しくって、開場時間を過ぎても聞いてました。
Img_0607


おっと、落語の記事がないですね。

まずは、まん我さん。
最近、落語教室なるものがあって、果たして素人が落語を習ってどこで使うのか・・・
案の定、会社の飲み会などで披露する人がいるようですね。
おもしろい訳がないのに・・・・聞かされる側の・・・で、寝床へ。
どうも、旦那さんが店の者に「切れる」ところが「短縮バージョン」なのか、「店だて」とかがなく、ちょっと寂しい。

続いて出丸さん。
あれっ、今日はデジカメ撮影なしに噺に入っていく。
忘れたのか?(いやいや、そんなことはないでしょう。多分、センスを忘れてもデジカメは・・・)
大相撲話題で「技量審査場所」なるものが始まって、もしそんな落語会があったら・・・
演目は花筏で、「今なら携帯とか、こんなデジカメみたいなものがあって、大関の顔なんかはみんなが知っていますが、昔のこと、おお、すみませんがこれで一枚撮ってもらえますか?」には爆笑。
花筏と千鳥が浜が互いに泣きながら「なんまいだぶつ」と言うところで、「この会場(基督教会の礼拝堂)やとアーメンといいたいところ・・・」みたいな小ネタが楽しい。

今日は、勢朝さんが秀逸。
まずは、礼拝堂では声が響く・・・・歌が歌いたくなる・・で、一曲。
声はいいし、最高ですね。
で、肝心の落語、ワタシ、勢朝さんの古典、聞いたことがなかったような気がします。
子は鎹の「カメちゃん」の背丈や遠近感、カメちゃんの友達との物理的な距離感、もあって、なんていうか、舞台・・・噺・・の臨場感、広がりがあるように感じました。

« 第90回土曜てぃーたいむ寄席(11-05) | トップページ | 奈良市立史料保存館(番外) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひがしむき寄席(11-06):

« 第90回土曜てぃーたいむ寄席(11-05) | トップページ | 奈良市立史料保存館(番外) »

最近のトラックバック