2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第4回近江夕照亭市場寄席(11-08) | トップページ | 動楽亭 昼席〈6月席〉(11-010) »

2011.05.22

安養寺寄席(11-09)

安養寺(大和小泉) 15:00
 ・笑福亭たま 京の茶漬け
        船弁慶
 (中入り)
        茶屋迎い

さてさて、ここ安養寺寄席も何回目になるんやろうか。
ずっと前にはゲスト、というか、もう「ひと方」と二人やったりしてたけど、最近は、たまさんお一人が定着している。
と思ってたら、今日はなんと、林家和女さんの三味線つき。
たまさん曰く、「なんぼ使っても、お代は一緒なんで。今日は全部三味線入りの落語を。」

最初は、いろいろ講談師さんや他の噺家さんの失敗談をマクラに。
旭堂南左衛門さんが幼稚園に講談をしに行ったが、普通の歴史モノはむつかしすぎるので、西遊記をやろうと考えた。
で、始めると、まず、孫悟空から説明がいる…その説明にも、「猿」にもまた、説明がいったりして、沙悟浄や猪八戒をそれぞれカッパだの、豚だのを説明すると、もう所定の時間。
あと、桂米団治さん、「たち切れ」をやっていて、登場人物の「小糸」が、何時の間にか「三枚起請」の登場人物「小照」になってしまった。間違いに気づいて次には修正するが、何度も小糸~小照~小糸~小照ってなってしまい最後にはなんと、「こてと」?
最初の演目は京の茶漬け。
例によって、ややエキセントリックな大阪人を演じる。

二席目は、文楽劇場で、遅れてきたお客さんが自身の指定席がわからず、なんと、太夫さん(舞台の端っこの別の舞台に、三味線の人と座ってる。)に、「わたい、どこでっか?あんた、ここの人でしょ。」

八天さんが文楽劇場で実際に見かけたそうです。

続いて、三味線の使われ方を愛宕山(芸者、太鼓持ちが歩く春の情景)や皿屋敷(幽霊の出)を例にして説明。
で、本来の宴会の風景を表現する三味線の例として、船弁慶を。
「夏の遊びは 難波橋、対の浴衣に 鼓桶、簾下ろして 忍び小間、笹が取り持つ 縁かいな」(縁かいな)
う〜ん、かなりのショートカット版。
オチもちょっと違っていて、お松さんが船のへりに向こうずねを打って、「弁慶!」
これなら、喜六が赤いふんどしをはいてる意味がないようにも思うし。

休憩後、今度は茶屋迎い。
今度の端唄は「よりを戻して会う気はないか 未練でいうのじゃなけれども 鳥も枯れ木に 二度止まる~  チト 会いたいね」(よりを戻して)。
親旦那さんに、しつこいほど「親不孝モン」ってしゃべらせておいてのオチ。すっきりしてます。


今日は、三味線ありということで盛り沢山に。
でも、一つ一つの噺はかなり短くカットされていて、なんというか、風情みたいなものがなくなってますね。
例えば船弁慶で、「3円あったら、塩なめて3年過ごせる。」とか、通い船の祝儀で揉めるエピソードとか、好きな部分なので、カットされるとちっょと寂しい。
一席目で多摩さんが仰ってたように、今日の演目を初めて聞いた人は、「この噺はこういうハナシ」って刷り込みがされるので、あんまり(こんな田舎の会で)ショートカットするのはどうかな?
(ただ、お年寄りにはそんなに細やかにやっても、あらすじと、面白いかどうかしか残らないかも・・・・)

« 第4回近江夕照亭市場寄席(11-08) | トップページ | 動楽亭 昼席〈6月席〉(11-010) »

コメント

いけやん様

御無沙汰しております
以前しばらく更新が途絶えておりましたのでどうされたものかと心配しておりましたが、その間に奥様がお亡くなりになっておられたとは、、、
心からお悔やみを申し上げます
やっと忌も明けられたとのことですが今時分の季節には余計喪失感や寂しさが増すのかもしらません
どうぞお心落としなきようお過ごしください
お悔みが遅くなり申し訳ございません

最近はまた日記を再開していただいたので、こいらもすこしホッとさせていただいてます

うっとうしい毎日になりますが御自愛ください

象拝

なんとか、一人で落語会に行けるまでには回復しました。

6/11には従兄弟の招待で淡路島まで遊びに行きます。
高速1,000円でよかった〜。

返事が遅くなって申し訳ありませんでした。
どうぞ、お元気で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安養寺寄席(11-09):

« 第4回近江夕照亭市場寄席(11-08) | トップページ | 動楽亭 昼席〈6月席〉(11-010) »

最近のトラックバック