2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« わらび取り(番外) | トップページ | ひがしむき寄席(10-023) »

2010.05.04

昼下がりのオペレッタ!(番外)

プログラム
【第1部】喜歌劇「メリーウィドウ」抜粋版 F.レハール
 ナビゲータ 桂九雀
 客演 ダニロ:細川 勝(関西二期会)
    カミーユ:西口佳宏(関西二期会)
 ソリストおよび合唱:ふたかみ市民オペラ
 演奏:セントシンディアンサンブル
【第2部】
 オペラ座の怪人 セレクション
 YELL いきものがかり
 サウンド・オブ・ミュージック メドレー


ええ加減、「落語日記」のタイトルを変えてしまえってお叱りのメールが届きそうなくらい、番外編ばっかり。
まあ、今日の記事は落語に全く関係がないわけでもないので、ご容赦を。


今日は、なに、それって感じで「昼下がりのオペレッタ」。

オペレッタっていうのは、wikiによると、「基本的に喜劇であり、軽妙な筋と歌をもつ娯楽的な作品が多い。ハッピーエンドで終わるのが主流。」とされていて、まあまあ楽しみにしていってきました。

で、何でこういうのに行ったのかって理由を3点。
(1)桂九雀さんに案内のメールをいただいたこと(九雀さんも出演されてるので)
(2)会場が地元だったこと
(3)入場料が500円と安価だったこと
です。

で行ってみての感想。
桂 九雀さんって、一昨年くらいの「噺劇」(落語を芝居仕立てにしたもの)でも驚いたけど、今回はオペレッタを台本に落語に仕立て、なおかつ、要所要所の歌の部分はオリジナルを採用、また、お囃子代わりに(?)ブラスバンド。
って仕様。

う〜ん、多分この人は天才か、さもなければ・・・。

左の高座に九雀さんが座ります。
P5020029


« わらび取り(番外) | トップページ | ひがしむき寄席(10-023) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼下がりのオペレッタ!(番外):

« わらび取り(番外) | トップページ | ひがしむき寄席(10-023) »

最近のトラックバック