2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第296回NHK上方落語の会(010-015) | トップページ | 米朝一門会(010-017) »

2010.03.19

とくとく寄席~左(the)らくご~(010-016)

徳徳亭 19:00
 ・桂團治郎 狸さい
 ・桂 米左 宿屋仇
 中入り
 ・桂 米左 百年目

二度目の徳徳亭。

初めて見る桂團治郎さんから。
演目は、狸さい。
ちょっと早口、でも、聞きやすい大阪弁。
声は小さいかも。一番後ろとは言え、この会場で聞こえにくければ、大きい会場ではうしろまで届かない。
中でたぬきが天神さんの格好して尺もって・・。

続く桂 米左さん。
先ほどの團治郎さんの間違いを指摘。
でも、新鮮なのが良いとのこと。すれて私のようにならないように、師匠を目指して頑張って。(会場からは笑いあり。)
さらに、「みんな、師匠のようになりたいと、あこがれて入門しているんです。例えそれが超えられない壁であっても、、、、ひとまたぎであろうと。」
演目は、宿屋仇。
黒紋付きが映える。

中入りをはさんで、米左さん、今度は縞の着物で登場。
これだけで、商家の人に見える。
まずは、事務連絡として、明日の南座のチケットが1枚余ってますので、一人に譲りますとのこと。
※但し、若い美人の女性限定。

百年目は、今までそう思って聞かなかったけど春の一席、これまでは大旦那と番頭との人間関係だけに注意してた気がする。

Dvc00005

※ 書きかけです。

« 第296回NHK上方落語の会(010-015) | トップページ | 米朝一門会(010-017) »

コメント

しょっちゅう遊びにではなくて勉強しにきております。

>※但し 
...は気にしないように努めるとしまして


その場に居ましたら地の利より 確実に理性を失って挙手していたはずの女性は私だと思いました
(*^-^)  後ほど続きを アップデートされるの私も楽しみに待っております♪ そろそろ落語会に行きたいです。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とくとく寄席~左(the)らくご~(010-016):

« 第296回NHK上方落語の会(010-015) | トップページ | 米朝一門会(010-017) »

最近のトラックバック