2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 芸術文化支援の新展開 -関西からの発信-芸術文化振興基金20年を迎えて(09-095) | トップページ | 島之内寄席~12月席~(09-097) »

2009.12.04

RAKUGO BANK(09-096)

りそな銀行御堂筋ビジネスソリューションプラザ 19:30
 ・桂さん都 みかん屋
 ・桂 文三 七度狐
 ・桂小春團治 大名将棋

Dvc00013

Y氏と現地集合。
りそな銀行がMID WAYのイベントとして、無料で開催する落語会。
淀屋橋で19時半からの設定で、サラリーマンが楽に参加できる時間帯にしているんやと思うけど、ワタシは7時前から並ぶ。
また、それでも前に4〜5人が並んでいて、皆さんリタイア組か。
前に並んでいた人と、後ろに並んだ人とひとしきり落語話題で盛り上がる。
後ろの人は吹田から来られていて、ざこばさんのご近所だそう。

まずは、桂さん都さん
「客が客を止める」マクラからみかん屋を。
「高野(厠)で髪(紙)をおとす」のくだりはなし。

続く、桂 文三さん、一時の事を思うと、ややふくよかに。
リバウンドって言うほどでもなく、こちらの思い込みのせいかも。
マクラでは、礼文島での落語会から、「ムキになる」つながりで、勝浦での落語会での時うどんの話題、「旅」とつないで、七度狐を。
喜六の感情が豊かで、川へ石を投げるところやお灯明に油を注すところで「なんで、わいばっかり。」と怒らせたり、尼寺のべちょたれ雑炊には「おかわり」と叫ばせたり。
食べ物の食べ方は、例によって独壇場でやもりを出すあたりの演技は最高。
お灯明の油と間違えたのはただの醤油でなく、濃口醤油やったのが妙におかしかった。

さて、トリの桂小春団治さん
以前聞いた時と同様、「師匠」、「先生」、「社長」の呼び方から、フィリピンからの出稼ぎ女性が「社長」「スケベ」だけ覚えておけば仕事ができる・・・と続いて、「殿様」で、大名将棋を。
終わりかと思うあたりからの展開も増えてきてるのか、以前聞いた時より充実感。

« 芸術文化支援の新展開 -関西からの発信-芸術文化振興基金20年を迎えて(09-095) | トップページ | 島之内寄席~12月席~(09-097) »

コメント

来られてたんですね、私も会社の近くなので、ゆっくりと参加できました。今週も、予約してますので、お会いできれば思います。スーツに、グレーのリックを担いでます。・・・よろしければ、お声お掛けください。

そうですか。行かれてたんですか。
ワタシ11日は行きませんでした。予約もしていなかったですんが、いつも一緒に行くY氏は行かれたようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RAKUGO BANK(09-096):

« 芸術文化支援の新展開 -関西からの発信-芸術文化振興基金20年を迎えて(09-095) | トップページ | 島之内寄席~12月席~(09-097) »

最近のトラックバック