2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第3回図書館寄席~鹿乃芸亭(しかのうんてい)~(09-076) | トップページ | 第44回十三寄席噺のにぎわい(09-078) »

2009.10.11

まほろば寄席(09-077)

奈良国立博物館講堂 14:00
 ・林家染太 子ほめ
 ・桂小春團治 祇園舞妓自動車教習所
 ・桂わかば 片棒
 ・笑福亭松喬 帯久

今日は、本来ならこうなるはずが、
1073

こうなっちゃった落語会。
2072

染丸さんの「地獄」が聞けるとあって、大阪のH氏や兵庫のO谷さんを呼んでたけど、残念。
まっ、松喬さんならいいかって感じやけど。

集合時刻の13時半には誰も集まらなくて、一人国立博物館の無料エリアへ。
(ここはおすすめ、とても無料とは思えない。)
ざっと撮った分で、これだけあります。

Pa110001
Pa110002


Pa110003
Pa110004


Pa110005
Pa110006


Pa110007
Pa110008


Pa110009
Pa110010


Pa110011
Pa110012


Pa110013
Pa110014


Pa110015
Pa110016
Pa110017


Pa110018
Pa110019


Pa110020
Pa110021
Pa110022


Pa110023
Pa110025


Pa110026
Pa110027


Pa110028
Pa110029

まずは、林家染太さん、いつものように明るく子ほめを。
伊勢屋の番頭さん「いょっ、町内の色男!」でなく、「いょっ、町内のヨン様!」
O谷さんが大のペ・ヨンジュンのファンなので、ワタシ、これには大受け。
O谷さん、ちょっとムッっとしてたけど。
オチは、「どう見ても、あさってくらいや。」

続いて、桂わかばさん
今日は、多分調子がいいんだろうと思う。
(たまに、よく噛む日もあるんで・・・)
演目は、片棒。
これもまた想像やけど、噺をつけてもらったのは桂 雀松さん
「花火をパンパーン、金鳥の夏」までいっしょ。でも楽しかった。

続いて、この会を仕切ってはる桂小春団治さんは祇園舞妓自動車教習所を。
教習時間を線香で測ったり、教官が小糸だったり、落語をある程度聞いている人の方が笑える噺。

トリ、笑福亭松喬さん
「災難でっせ」から始まり、もともと「地獄八景」だったのが「そんなん、ようせえへん。また、四日で覚えられへんし。したいとも思えへん。あんな理屈っぽい噺。もともと、笑福亭系はなんやわからん間に終わった〜って噺。」
さて、演目は何かと聞いていると、十二支のマクラから帯久へ。
なるほど。さすが松喬さんって感じ。
ただ、和泉屋さん、最初に登場したときは50歳くらいのはずなのに、最初から60代の話し方。
10年もの年月が流れて、「年を取った」って感じがしなかったですね。


「で、飲み会。二軒も。H氏負傷事件、もしかして暴行事件か!」って書いてましたけど、事件の真相は未だ判明せず。

10/17、O谷さんにも確認済み、18日記載。
まずは、三人で鹿政談で有名な三作の墓を見に行き、なら町を散策。
(さんさく)つながり。
で、焼き鳥屋へ飲みに行きました。

で、ええかげんに飲んで、会計を終え、店を出ると「もう一杯いきまひょか?」(H氏)
で、もう一軒。

店を出た記憶はあるものの、H氏がこけたということは誰も目撃せず、(目撃した記憶がないだけ?)三人で近鉄奈良駅へ向かうが、O谷さんはダイヤを見てJRに変更。

H氏とワタシ、同様に近鉄に乗ったが、一緒に乗った記憶がないので、多分、先に来た電車にワタシ一人乗り込んだか、どちらかがトイレにでも行ってはぐれたか・・・・・

そんなとこでしょう。

« 第3回図書館寄席~鹿乃芸亭(しかのうんてい)~(09-076) | トップページ | 第44回十三寄席噺のにぎわい(09-078) »

コメント

ラジオ番組を持たれたみたいですね、染太さん

あまりけれんのない噺家さんのようにお見受けしましたが、、、けっこうキャリアがあるらしいですね

染二さんの間違いでしょうか?

染太さんでは若すぎるみたいですね、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まほろば寄席(09-077):

« 第3回図書館寄席~鹿乃芸亭(しかのうんてい)~(09-076) | トップページ | 第44回十三寄席噺のにぎわい(09-078) »

最近のトラックバック