2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第65回日曜落語~なみはや亭~公開録音(09-030) | トップページ | 第8回稲田観音落語会(09-032) »

2009.04.09

第40回桂米二不定期落語会(09-031)

太融寺本坊 19:00
 ・桂吉の丞 犬の目
 ・桂 米二 田楽喰い
 ・桂阿か枝 竹の水仙
 ・桂 米二 愛宕山

落語会デビューのTちゃんとY氏と同行。
開場前から並び、受付を待つ。
あたりには桂 二乗さんや、桂さん都さんがいてお手伝い。

Dvc00008
会社から歩いて10分もかからなかった・・・・はず。
いつもはY氏と歩くのに、今日は落語会デビューのTちゃんとやから、道を間違わないようにっておもっていたが、この幟(のぼり)。

Dvc00009
本堂の写真を撮るのは初めてのはず。

Dvc00010
この写真は撮ったことがあるかも。

Dvc00011
で、開演待ちの席から。

開演2分後Y氏到着。
挨拶よりも、プログラムの番号が気になる。82番とのこと。
まずは、桂吉の丞さん桂米團治さん襲名披露の話題から。
ネタ的には桂 南光さんと同じマクラで、演目犬の目へ。
ドイツに渡米したっていう眼科医や、目玉に「おい、鬼太郎!」としゃべらせるなど、工夫はしつつ、短めに。

続く、桂 米二さんは、この間ブログに書いていた「酔っ払いのいる落語会」をマクラに、田楽喰いを。
実は同行したTちゃん、職場に財布を忘れてきていて、噺の始まりの「財布忘れた。」あたりで、妙にはまってしまう。
実話がすぐ横にいると笑うもんですねぇ。
上六が「電車の終点」やった頃の噺やねんなぁと、変なところに感心。

続いて、桂阿か枝さんは竹の水仙を。
何度か聞いているはず・・・で、下っ端のサムライも、細川の殿様も、左甚五郎も、宿屋の主人も、その妻もって、意外と登場人物が多い話やのに、「すっくり」と噺に入れるのは描き分けが秀でているからか。
侍のとまどい、おどおど、困惑良かったです。
オチは「飲み(ノミ)口、しっかりしてまんがな。」

トリ、桂 米二さん、愛宕山。
マクラでは、「たいこもち」はいなくなったが、会社の営業などではよく似た仕事をしている人もいるのでは?
そういう人は名刺に「たいこもち」って書いておけば・・・・?
って話から、愛宕山。
ワタシ的には今日の愛宕山イマイチでした。
山に登る情景が、もう一つに思えたから。
くびのあたりに風呂敷を担いだ様子のところ、確かにあんまりくどくやるとってのもあるんでしょうが。
芝居と落語の違いってどんなへんにあるんかなぁ。

で、抽選会。
まずはオレンジ。
ビギナーズラックでTちゃんに景品が当たる。
何番目かに81番、Y氏かすってます。
で、7番ワタシ。
続いてスイカ。
いくつか呼ばれるがY氏、残念。

こうなると、いじってしまうのが我々(ワタシとTちゃん)の悪い癖。
Y氏が「90人程度で10何人かあたったから、15%くらいかな。」
ワタシ「いえいえ、3人で2人やから66%、半数以上に当たるんですわ。」


Dvc00013
これが賞品、アンコールオレンジ。
もう一度食べたいってアンコールからのネーミングらしい。
通販では、6個2,600円から、30個5,000〜6,000円くらいまでいろんなものが見つかります。
丸留さんは高級店やから、3個で1,000円オーバーでしょうねぇ。

で、3人で東梅田の王将へ。
Tちゃんは愛宕山の最初の情景描写が気に入ってたようです。
感じ方はいろいろやなぁと思ったひとときでした。

ちょっと飲み足らずに家に帰ってから深酒。
翌日のしんどいこと。

« 第65回日曜落語~なみはや亭~公開録音(09-030) | トップページ | 第8回稲田観音落語会(09-032) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第40回桂米二不定期落語会(09-031):

« 第65回日曜落語~なみはや亭~公開録音(09-030) | トップページ | 第8回稲田観音落語会(09-032) »

最近のトラックバック