2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 米朝落語勉強会あづち亭(09-006) | トップページ | 第11回城北にぎわい亭(09-008) »

2009.01.12

新春・初笑い 露の新治寄席(09-007)

奈良市音声館 14:00
 ・露のききょう
 ・露の新治
 ・露の五郎兵衛

Sinji

ねたのたねにも掲載されておらず、多分すいてるだろうけどと思いながらも予約しておいた落語会。
露の新治さんからお手紙までいただいて、「かつてはこんなことは無かったのですが、売れゆき好調ですありがたいことです。」で、結局前売り完売で、当日なら入場できるかどうかって状況になった様子。
ありがたいことです。

Dvc00002
Dvc00004
まずは、露のききょうさん
女優業の傍ら、桂すずめさん(三林京子さん)と同じように、落語も始めようかと思ったときに、五郎兵衛の娘でもある自分が、例えば、桂米朝さんや桂春團治さんに弟子入りするわけにも行かず、父親が五郎兵衛で【融通も利くし】弟子入りしたとのお話。
ききょうさん、たしか今日の落語が二回目ですが、今日の演目、つるはちょっと練習不足なん?
その後の舞はお見事でしたが。

Dvc00005

で、続いて露の新治さん
いつか聞いた、あつの狼講釈の見事な立て弁を聞きたくて今日もやってきたワタシ、兵庫舟の「あげまひょ」でも十分楽しめたのは幸い。
それ以前に、マクラの新治さんが18〜19の頃、NHKの上方落語を聞く会に行って、50くらいのオッちゃんの噺家さんが「誰や、こんなところに魚の骨を放って!」「あら?」って言うのを聞いて、悩む事はないんやって思ったって話、いいですねぇ。
あと、例えば、「今日は渋滞がすごいなぁ、今日に限って車が混んでる。いつもはこんなことないんやけどなぁ。」って思う心には自分の車を勘定していないって話。自分自身が車を一台増やしていることを考えないとって話、全くです。

続いて、露の五郎兵衛さん、演目としては浮世床なんやけど、例によってエロ話満載の楽しい高座、師匠、もう80近いのに「若いうちなら早いけど、この年になると。」って、まだまだかいっ!
妙に足が細く感じたけど、この間の東成区民センターとは違ってお元気な様子。
ひとまず安心です。

中入り後の新治さん、鹿政談。
奈良にちなんでのお話をわざわざ。
マクラでは大阪のおばはんの話題を持ってきて、いやぁ、奈良は上品で・・・奈良の名物といえば昔から「大仏に・・・」って鹿政談が始まる。
奉行は松野河内守。
出来具合は・・・・・ワタシ久々に落語で感動しました。正直泣きそうになりました。
隣の席に若い女性がいなければ泣いてたかもしれません。

今年、出来れば露の新治さんの追っかけになろうかと思ったくらい。
マジで。
新治さんの話を聞いてると、ちょっと【優しい自分】になれそうな気がして。(当社比)
噺、マクラで「ありがたい」って言葉が出てきます。

タイプは違うけど、ワタシの今年のテーマは吉坊&新治です。

この三連休は落語三昧、毎日落語会一つずつ行ってましたが、明日からは正月気分も振り払うつもり・・・・とりあえず明日は二つの落語会に行く予定ですが、それも仕事休んで・・・・・どう?

Dvc00003_3

« 米朝落語勉強会あづち亭(09-006) | トップページ | 第11回城北にぎわい亭(09-008) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春・初笑い 露の新治寄席(09-007):

« 米朝落語勉強会あづち亭(09-006) | トップページ | 第11回城北にぎわい亭(09-008) »

最近のトラックバック