2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 吉坊ノ会〔08-110〕 | トップページ | 第13回月亭八天独演会~Sparkling of Boy's Eyes~〔08-111〕 »

2008.12.06

ウォーリー〔08-番外〕

高の原ワーナーマイカルシネマズで、ウォーリーを見る。
「29世紀の荒れ果てた地球で、たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー。宇宙へ脱出した人間たちに置き去りにされて700年、大好きなミュージカル映画『ハロー・ドーリー!』のビデオで男女が手を握るロマンチックなシーンを見ては人恋しさを募らせていた。そんなある日、真っ白に輝くロボット、イヴが現れ、ウォーリーはたちまち恋に落ちる。ところが、巨大な宇宙船がイヴを連れ去ってしまい…。 」
イヴの再起動音がマックぽかったり。
吹替え版やったけど、出演(?)しているのはほとんどがロボットで、音声的にはほとんど吹き替えのいみはなかったけど、映像にも日本語を使っていて驚く。
看板が日本語だったり、巨大スクリーンの広告が日本語だったり。
アメリカ映画界にとって、日本がけっこう大きな商圏になっているのがわかる。 

« 吉坊ノ会〔08-110〕 | トップページ | 第13回月亭八天独演会~Sparkling of Boy's Eyes~〔08-111〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーリー〔08-番外〕:

« 吉坊ノ会〔08-110〕 | トップページ | 第13回月亭八天独演会~Sparkling of Boy's Eyes~〔08-111〕 »

最近のトラックバック