2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 左(the)らくご~特別編~東の情・西の情〔08-106〕 | トップページ | 安養寺寄席〔08-107〕 »

2008.11.28

文楽の夕べ〔08-番外〕

大阪厚生年金会館芸術ホール 文楽の夕べ

最初に司会の女性(テレビ大阪アナウンサー竹内優美さん)が登場し、平成20年11月4日、人形浄瑠璃文楽が、ユネスコに無形文化遺産条約に基づき新たに作成される「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録されることが決定したとのお話。

で、第1部に登場される方々の紹介。
第1部は対談、 「舞台は楽しい」と題して、竹本住大夫さん(文楽大夫・人間国宝)、麻実れいさん(女優)のお話を、日経新聞社の山脇晴子さんが進行役として聞く構成。
竹本住大夫さんのことを「竹本住大夫師匠」って呼んでいた。太夫さんも師匠なんやって。
竹本住大夫のお話は、一つ一つが深いし、面白い。
北新地あたりで生まれ、少年時代を過ごしたこと、若い頃は、歌舞伎、新派、宝塚、寄席にも通っていたこと。「不器用で声が悪い」ので、一生懸命稽古したこと。
いまだに稽古を重ねていることを、進行役が「人間国宝になられても、、、」
「人間国宝かて、普通の人間だんがな。稽古せな。苦労してまんねんで、気楽そうに見えるけど。」
「文楽では、京・大阪が標準語。」とか、「最近は、イヤホンガイドなど日本人として情けない。外人でも雰囲気で聞いてくれまんねんで。昔は文楽を聞きに行くって言うた。今は見に行くや。」

で、中入り、、、、とは言わないか。
15分間の休憩後、第2部:文楽ミニ公演 「花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)」 より煤茂都陸平振付「万歳」、藤間紋寿郎振付「鷺娘」を。
「花競四季寿」は、春「万歳」、夏「海女」、秋「関寺小町」、冬の「鷺娘」の四つからできていて、今日はミニ公演ということで、「万歳」と「鷺娘」を。

太夫: 竹本文字久大夫
    豊竹咲甫大夫
    豊竹咲寿大夫
三味線:野澤錦糸
    豊澤龍爾
    鶴澤清公
人 形:桐竹勘十郎
    吉田蓑三郎
    吉田文司

 万歳のほうは、大和万歳を描いたもののようで、滑稽な動きや鼓、扇などを使うリズミカルでテクニカル(?)なアクション。
 一方、鷺娘はしっとりとした動きもあって、結構色っぽい感じ。
ホンマは、娘(少女)なんやろうけど。

座談会 「楽しい文楽鑑賞会-芸、人、修業-」
 竹本文字久大夫
 野澤錦糸
 桐竹勘十郎
(進行役 竹内優美)

竹本文字久大夫さんは、声が出ない、声が出ないとときりに仰って、「おとし」(着物のおなかのあたりに入れておく重りみたいなん)や、「尻ひき」(つま先立ちの正座のお尻に当てておく小さい椅子みたいなん)の説明など。
野澤錦糸さんは、津軽三味線の太棹ってのは、実は文楽の三味線が元祖だったことや、自身が昔、落語家志望だったことなど。
桐竹勘十郎さんは、桂すずめさん(三林京子)の弟で、、、という説明は一切なく、舞台下駄(下駄にわらじを履かせたもの)の説明・実演や3人使いの歴史等々。
3人使いは、1734年に始まり、面使い(おもづかい)、左手使い、足使いのうち、面遣いが出来るには30年もの修業がいるってお話。

また、機会を見つけて行ってみたいもんですね。

« 左(the)らくご~特別編~東の情・西の情〔08-106〕 | トップページ | 安養寺寄席〔08-107〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文楽の夕べ〔08-番外〕:

« 左(the)らくご~特別編~東の情・西の情〔08-106〕 | トップページ | 安養寺寄席〔08-107〕 »

最近のトラックバック