2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第27回みんな八天の会〔08-089〕 | トップページ | 第2回たかつ笑い亭〔08-091〕 »

2008.10.26

笑いのタニマチ80回記念~仁智スペシャル~〔08-090〕

ワッハホール 14:00
 ・笑福亭仁智 ヘイ!タクシー
 ・笑福亭仁智 スタディベースボール
 ・笑福亭仁智 四十九日
 ・笑福亭仁智 狭間トクのゴクラク人生

Y氏と同行した、ワッハホールは超満員。
こんな混み具合は、朝日放送のなみはや亭で新人賞選考会(無料)があって以来かも。笑福亭鶴瓶さんが出たときも、混んではいたけど、空いている補助椅子はあったし、立ち見もこんなにはいなかった。

まずは、笑福亭智六さんが、前説(?)に。
南京玉すだれを少々。
なかなか舞台をわかせたが、チーンという音で、退場。

いよいよ、出ばやしに乗って、登場した笑福亭仁智さん。
楽屋も一人で寂しいって。
ヘイ!タクシーでは、豊岡へのエアコミューター便の話をマクラに、現代版「いらち俥」のようなお噺を。
小ネタをいろいろ繰り出すときの、あのダラダラした緊迫感(? 次は何がでるねんみたいな・・・)はワッハのお客さんにも伝わっているのやろか?

スタディベースボールは、時期的にどうか。
阪神の岡田監督が選手だった頃の設定のお噺。

三席目の四十九日では、「これが終わればお互いに休憩しましょう。」と、通夜や葬式のネタをマクラにふって、母親の四十九日に集まる兄弟とその父親の話。
揉めながらも形見分けを終えた兄弟たちは、父親のことを忘れていて・・

トリ(一人舞台でもトリっていうか?)、ラストの狭間トクのゴクラク人生は、これまでのおばあさんシリーズ総集編みたいな。
舞台の照明で効果的に場面転換をして、なつかしいシーンがよみがえる。
中央軒の出前や、マイルドセブン・・・・・。

« 第27回みんな八天の会〔08-089〕 | トップページ | 第2回たかつ笑い亭〔08-091〕 »

コメント

行ってはりましたんやなぁ。

それにしてもどえらい人でしたなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑いのタニマチ80回記念~仁智スペシャル~〔08-090〕:

« 第27回みんな八天の会〔08-089〕 | トップページ | 第2回たかつ笑い亭〔08-091〕 »

最近のトラックバック