2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 9回城北にぎわい亭〔08-071〕 | トップページ | トリギンVol.1~笑福亭銀瓶奮闘会~【夜の部】〔08-073〕 »

2008.09.13

トリギンVol.1~笑福亭銀瓶奮闘会~【昼の部】〔08-072〕

TORII HALL 14:00 
 ・笑福亭喬介 寄合酒
 ・笑福亭銀瓶 くっしゃみ講釈
  中入り
 ・桂歌之助 青菜
 ・笑福亭銀瓶 蔵丁稚

開演10分前くらいに入場。
既に開場しているが、整理券が配られる。45番。(何のため?)
まずは笑福亭喬介さん、薄いピンクの着物で登場。
例の「年季明けテンション」で、今日、初めて着たという羽織姿で。
「楽しくやらせてもらいます。今日の夜の部もお囃子で出ます。夜の部はちょっと緊張しますが・・・・。」(師匠笑福亭三喬さんがゲストのため)
祭に行った話題をマクラに、寄合酒。かつお節の出汁で痔を暖めるところまで。

Dvc00004

続いて、笑福亭銀瓶さん。
会場に「寒くないですか?会場が。・・・・落語じゃなく。」
「喬介さんは新鮮でいいですね。羽織を着てきて「いつ、脱ぐんですか?」って。
でも、前座で他の人の落語会に出たときには、自分で脱いだ羽織を持って帰らんといかんので、注意しましたが、どうも羽織を着ていたことすら忘れていたようです。」
で、くっしゃみ講釈。
久々に聞く「小伝馬町から引き出され〜」

中入り後、桂歌之助さん、8月24日の東京での「獅子十六の会」帰りのトラブルをマクラに、「夏の思い出になりました。まだまだ昼は暑い碑が続きますが、、、、」と青菜へ。
ちょっと間を引っ張り、くどい感じ。
ガッツポーズも飽きてきます。

トリの笑福亭銀瓶さん、縞の着物に黒い羽織で、蔵丁稚。
銀瓶さんのような「しゅっ」としたタイプは旦那の雰囲気がちょっと違う。
若旦那や丁稚、女子衆、職人はいい〜い感じなんですが。ちょっと残念。

 

« 9回城北にぎわい亭〔08-071〕 | トップページ | トリギンVol.1~笑福亭銀瓶奮闘会~【夜の部】〔08-073〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリギンVol.1~笑福亭銀瓶奮闘会~【昼の部】〔08-072〕:

« 9回城北にぎわい亭〔08-071〕 | トップページ | トリギンVol.1~笑福亭銀瓶奮闘会~【夜の部】〔08-073〕 »

最近のトラックバック