2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第79回笑いのタニマチ~仁智の新作落語道場~〔08-067〕 | トップページ | 第1回キタの紅雀と阿か枝〔08-069〕 »

2008.08.31

第3回雀三郎・出丸二人会〔08-068〕

天満天神繁昌亭 17:30

 ・桂雀五郎 黄金の大黒
 ・桂 出丸 餅屋問答
 ・桂雀三郎 青菜
 ・桂 出丸 高津の富
   中入り
 ・桂雀三郎 皿屋敷

8月も終わり、ちょうど一年の3分の2が終了。
落語会の回数はといえば、68回。
ちょうど100回/1年のペースですね。

桂雀五郎さん、今日は雀太さんの代演。
雀太さんどうしたんでしょうねぇ。
ネット上の噂では、北海道にいらっしゃるとかどうとか。
最近、緊張感が見える雀五郎さん、今日は落ち着いた感じ。
お客さんも、大阪以外の人が多いのか、ややタイミングが違うけどよく受けている。
話のはじめに、犬、猫喰うてしもた〜は強烈。

桂 出丸さん、顔がささないタイプとのことで、ある飲み屋で阪大の落研のグループの横を通っても全く気づかれなかったって言う話。
入門時に、桂ざこば(当時朝丸)師匠は「たよりになるタイプ」と感じていたが、大師匠桂米朝も「たよりになるタイプ」
で、南河内のとある村に、こうした、たよりになるタイプの、、、で、餅屋問答。

続いて、桂雀三郎さん、「大阪弁は暑苦しい。」って話題から、青菜。
植木屋さんが万年手塩を自慢して、「ここが台所、ここが布巾、昔はこの辺(前頭)が布巾やったけど。」
植木屋さんが大工さんにも、「あんた、わさびそのまま食べたらあかんで〜」って優しい。

中入り後、桂 出丸さん。高津の富。
「「富くじは、なんぼじゃな。」って言葉で大阪の人間ってわからんか?」って独白。なるほど〜。

トリ桂雀三郎さん。
皿屋敷。
お菊さんの芸が臭くなったとか、大きくなったとか。
確かに臭い。
また、「あほぼけかす〜、あほぼけかす〜。」連発しかできない男もかわいい。

« 第79回笑いのタニマチ~仁智の新作落語道場~〔08-067〕 | トップページ | 第1回キタの紅雀と阿か枝〔08-069〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3回雀三郎・出丸二人会〔08-068〕:

« 第79回笑いのタニマチ~仁智の新作落語道場~〔08-067〕 | トップページ | 第1回キタの紅雀と阿か枝〔08-069〕 »

最近のトラックバック