2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 白鶴酒造・生貯蔵酒 Presents 五日連続「なみはや亭」(8日)〔08ー053〕 | トップページ | 第278回NHK上方落語の会 〜桂春團治一門会〜〔08ー055〕 »

2008.07.09

第8回城北にぎわい亭〔08ー054〕

第8回城北にぎわい亭
 ・桂三四郎 犬の目
 ・桂雀五郎 牛ほめ
 ・桂 雀喜 明石飛脚
 ・桂雀三郎 船弁慶

雨が降ってきたせいもあるのか、やや少なめのお客さん。
地元での「しろきた熱」もやや冷めてきたのか。

主催者側は、逆に幟まで作る熱の入れよう。
P7090022

ところが、演者も熱を出して、、、、
Dvc00003
(熱を出して、なのかどうかはわかりませんが。)

で、今日のプログラムは急遽、桂 雀喜さんのごあいさつ。
「本来なら順番で言いますと、今回のあいさつ文の担当は三番弟子の雀太君なんですが、少し前から体調を崩して弱太君になってしまい、代打で私が書くことになりました。」
ということで、桂 雀太さんはお休み。

まずは、桂三四郎さん、「私は雀三郎一門ではないんですが、ロングヘアーという共通点で出さしてもらいました。師匠の後ろ髪と。」
犬の目、以前とほとんど変わっていない。(犬の目を入れられた男の)食生活が肉と骨になったくらい?

続いて、桂雀五郎さん。(開演前にトイレで会いました。)
雀五郎さんの牛ほめ、「汚くないオチ」なので好きです。(こんなとこにも節穴あるわ〜、おっさんここにも、、、)

続いて桂 雀喜さん
久留米の温泉での仕事で、よく知らないのに「上方落語名人」とか、「浪速からあの雀喜が、今見参!」だとか書かれていた。
もう一組と一緒の仕事だったため、舞台は前座とトリをつとめるということに。

演目は明石飛脚とかいてありましたが、いわゆる「飛脚三噺」で、明石飛脚、雪隠飛脚、うわばみ飛脚の三つ。
明石飛脚は「寝てる方が早い。」、雪隠飛脚は「ああ近道しよったな。」、うわばみ飛脚は「しもたっ、ふんどししてたらよかった。」
飛脚が走り出すタイミングとお囃子との掛け合いが楽しく、「あっどっこいさのさっ!」ってかわいい顔をして走り出すのは楽しかったですね。
雀喜さんはこの「三噺」に一つ追加して、佐川飛脚「この飛脚が佐川急便のモデルとなりました。」

トリ、桂雀三郎さん
夏は暑くて、大好きだという雀三郎さん、演目は、日曜日に桂文珍さんのをきいたばかりの船弁慶。
いやいや、コメントしようがないですね。
楽しかった。笑った。ついこの間聞いた噺なんで、どこでどうなるってのがよくわかってるのに。

次回の城北にぎわい亭は9月9日(火曜日)です。
Dvc00001

« 白鶴酒造・生貯蔵酒 Presents 五日連続「なみはや亭」(8日)〔08ー053〕 | トップページ | 第278回NHK上方落語の会 〜桂春團治一門会〜〔08ー055〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8回城北にぎわい亭〔08ー054〕:

« 白鶴酒造・生貯蔵酒 Presents 五日連続「なみはや亭」(8日)〔08ー053〕 | トップページ | 第278回NHK上方落語の会 〜桂春團治一門会〜〔08ー055〕 »

最近のトラックバック