2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« どぜう寄席〔08ー042〕 | トップページ | ハタチの文華祭〔08ー044〕 »

2008.06.16

第22回紅雀と阿か枝〔08ー043〕

ワッハ上方4階上方亭
・桂 三幸 桃太郎
・桂阿か枝 時うどん
・桂 紅雀 ガマの油売り
・桂 紅雀 花色木綿
・桂阿か枝 千両みかん

Y氏と待ち合わせての紅雀と阿か枝、よく来ているK氏は欠席で、H氏が来場。

最初に登場した桂 三幸さん
「今日はコギャルのお客さんが多くて、、、コギャルって言っても古ギャルですが、、。」
マクラで、以前も聞いたけど繁昌亭カードでのプレゼントが当たった話。(三枝会長のサイン入り色紙)
演目は桃太郎。

続いて桂阿か枝さん
6月10日は時の記念日だそうで、阿か枝さんの地元、明石市では時のウィーク寄席など「時の大切さを訴えた」イベントがたくさんあるとのことで、時うどん。
「あんたも一杯つけまひょか〜ぁ」とか「毎晩来るさかいなぁ〜」に、師匠桂文枝さんの雰囲気があって、ああ、なんかええ感じ。

続いての桂 紅雀さん
この会は(以前の)太融寺の頃から続いていて、今度、新しく「キタの紅雀と阿か枝」をやるがそのチラシ、料金が1,000円。
もう1,500円でもええやろって話をしていて、新しく会を始めるというのはちょうどええタイミングやったのに。これで当分、1,000円になってしまう。
あと、最近あちらこちらで話をされているらしい「猫」の話題。
演目はガマの油売り。
油売りの口上は、よく練れていて、お見事。
ちょっと酔い加減には「どうっ?」ってところもあるけど。

引き続き、桂 紅雀さん。
最近は凶悪な犯罪が多いが、落語の世界では「まぁまぁと許せるような犯罪が多く」と花色木綿に。

最後には、桂阿か枝さん、船場の商家では跡取り息子が大事で、、と千両みかん。

Y氏、H氏と三人では久々の王将へ。

« どぜう寄席〔08ー042〕 | トップページ | ハタチの文華祭〔08ー044〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第22回紅雀と阿か枝〔08ー043〕:

« どぜう寄席〔08ー042〕 | トップページ | ハタチの文華祭〔08ー044〕 »

最近のトラックバック