2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第5回キッパリ元気奇席 五代目桂文枝一門会〔08ー018〕 | トップページ | 快楽亭ブラック毒演会~春~〔08ー020〕 »

2008.03.30

米朝一門会〔08ー019〕

雨の日曜日、本町のヴィアーレ大阪で開かれた米朝一門会。
嫁はんと、Y氏、H氏と同行。

開場待ちのホールには、1時過ぎに桂 南光さんがやってきて、フロア係に「こちらで受付を。」といわれ、「いやぁ、楽屋へ行きたいんです。」とか、ごくふつうのおっさん風の桂ざこばさんがやってきたり、めがねをかけた桂こごろうさんがホールをうろうろしたり。

まずは、桂ちょうばさんの登場。
テレビちりとてちんや、桂 吉弥さんの話題から、時うどん(二人バージョン)

続いて、桂こごろうさん、いらち俥(途中)。

次に、桂 南光さん、たっぷりのマクラから義眼。

中入り。

桂 千朝さん
嫁はんは今日登場する噺家さんでは千朝さんだけ知らないみたい。
端正な、きっちりした落語をしはる人やでぇとだけ教えておく。
演目は、長屋の花見。
(H氏は昨日、千朝落語の会で同じ演目を聞いていたらしい。)

トリ、桂ざこばさん、この間の王寺寄席でも聞いた子は鎹。
う〜ん、痛快エブリディの落語会でも、この間のNHKでも同じ演目。
ちょっと食傷気味。

閉会後、下のフロアへ降りようとしていたら、もう着替えを終えたざこばさんがちょうばさん、千朝さんを引き連れエレベーターを待っていた。
帽子をかぶっていたが、やはり、外ではふつうのおっさん。
千朝さんにしてもざこばさんにしても、高座ではひとまわり大きく見えるのは、やはり、「芸」のせい?

« 第5回キッパリ元気奇席 五代目桂文枝一門会〔08ー018〕 | トップページ | 快楽亭ブラック毒演会~春~〔08ー020〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米朝一門会〔08ー019〕:

« 第5回キッパリ元気奇席 五代目桂文枝一門会〔08ー018〕 | トップページ | 快楽亭ブラック毒演会~春~〔08ー020〕 »

最近のトラックバック