2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« しろきた秋祭り2007しろきたライブ 桂雀三郎withまんぷくブラザーズ | トップページ | 笑いのタニマチ〔07-091〕 »

2007.10.24

桂歌之助独演会 骨、寄せます!歌之助が歌之助になる日

H氏からレポートです。


※※※※※※※※※ ここから ※※※※※※※※※※


骨(コツ)寄りました(^^)

「桂歌之助独演会〜骨寄せます!〜歌之助が歌之助になる日〜」へ行ってまいりました。
演目は、「始末の極意」桂ちょうば
「野崎詣り」桂歌之助
「太神楽」海老一鈴娘(スズメ)
「ねずみ」桂歌之助
中入り
「善光寺骨寄せ」桂歌之助

鈴娘さん、はっきり言って美人です。
でも最初から包丁を振り回す狂暴さ(^^)。
最後まで一言もなし!お声が聞きたかった・・・ファンになりそう。
「野崎」「ねずみ」は、歌之助さんらしくヒョウヒョウと・・。

「善光寺」は、内容は「お血脈」、善光寺のお血脈を盗み出すため、閻魔大王が石川五衛門を招へい、斎の河原に散らばっていた骨が集まってくるところを独特の演出であらわすところが山場です。
同じような演出を明治(大正?)期、もっと小さい規模でやっていた人がいたということを米朝師匠に聞いた先代歌之助師匠が、試行錯誤と緻密な作業により作り上げてきたとのこと。
今回、それを受け継いでの初演ということから、「歌之助が歌之助になる日」というわけです。
いよいよ骨の登場です。 ヒュー、ヒャー、バシ、ズリズァ�蝓▲�櫂(ここで見栄きる)「ずれてるやん」・・・骨寄ってました・・・こんな感じです。
擬音で表現してみました。

やっぱり詳しくは、次の現物見てください。(どこで行われるかは知りません)
噺だけを見ると、途中でイメージを中断されますが、それを上回る演出だと思います。
私は、歌之助になる瞬間を見ましたよ〜\(^^)/

※※※※※※※※※ ここまで ※※※※※※※※※※

H氏の携帯電話の絵文字が文字化けしています。!

写真も送ってもらいましたが、ちょっとピンぼけ(携帯のせいか?)
綺麗な写真は、こちらで。
http://d.hatena.ne.jp/CHAOTICA/

Hさん、一人で行ってたけど、まっすぐ帰ったんやろか?

« しろきた秋祭り2007しろきたライブ 桂雀三郎withまんぷくブラザーズ | トップページ | 笑いのタニマチ〔07-091〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂歌之助独演会 骨、寄せます!歌之助が歌之助になる日:

« しろきた秋祭り2007しろきたライブ 桂雀三郎withまんぷくブラザーズ | トップページ | 笑いのタニマチ〔07-091〕 »

最近のトラックバック