2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 笑いのタニマチvol.73〔07-082〕 | トップページ | 能 狂言 »

2007.09.02

第25回猪名川寄席〔07-083〕

初の猪名川寄席。
Y氏の地元、尼崎市、東園田町総合会館2階ホールは園田の駅から徒歩1分の好立地。
9月とは思えない暑い一日。

まずは、主催者代表の玉井氏のご挨拶&ちょっと宣伝。

ワタシ、朝からちょっと歩いたため、会場が妙に暑く感じられた。
最初に登場した、桂 雀太さん、天狗さし。
ちょっと声の枯れ具合が気になるけど、このまま、いい感じに枯れてくるのか。

続いて、桂歌之助さん
この会場で、下座とのかけあいがどうなるのかが興味があった七段目。
いい具合にできあがってましたね。
下座の「プロさ」が見られたいい高座でした。

桂 宗助さんは、禍は下。
めざし、じゃこ、かまぼこをごまかした丁稚、東京の権助魚のおちはどうだったか。
今日はもみなさんいわゆる実力派で、安心して、ゆっくりした気分で聞けました。

トリ、 桂 米二さん、遊山船。
残念ながら、この間の「京の噺家」と同じマクラ。
まあ、たった4日ほどだからやむをえないか。
終演後、例によってお見送りされてました。

今日は4時前に園田で終わってしまったため、さあ、どこへ飲みに行こうかが話題。
おなかも空いてないしね。
(どこへ = どこの王将へ)
園田にも王将はあるらしいけど、結局、まだまだ早いと言うことで、難波まで出かけることになった。(ワタシは帰り道)
で、難波の王将へ。
Y氏は徒歩10分のところから、わざわざ阪急10分、地下鉄10分の難波まで。
お疲れ様でした。

« 笑いのタニマチvol.73〔07-082〕 | トップページ | 能 狂言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第25回猪名川寄席〔07-083〕:

« 笑いのタニマチvol.73〔07-082〕 | トップページ | 能 狂言 »

最近のトラックバック