2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 二十一日寄席〜文鹿・三ノ助二人会〜〔07-068〕 | トップページ | 枝さんの朝から落語会〔07-070〕 »

2007.07.21

第48回王寺寄席〔07-069〕

嫁はんと出かけるいくつかの落語会、王寺町やわらぎ会館の王寺寄席。
もう、第48回を数えるそうだ。

先ずは楽笑会代表のご挨拶から。
これだけのメンバーで、1,000円は安い。どんな「コネ」「つて」があるのか。
この会は、演者がマイクを使わないところが面白い。
多分、普段ならマイクを使っているくらいの会場で、地声だけで落語を聞かせる。

最初に登場した桂 雀太さん、ちょっと声が苦しそうだけど、梅田の歩道橋のルイ・ヴイトン(のパッチモン)を売っている出店の話をマクラに、天狗さしを。

続いて、桂歌之助さん、青菜。
「おしりのデンボの膏薬は隠し言葉でどういうねん。」って。

嫁はんも言ってたけど、やはり歌之助さん、女性受けするタイプで、会場は大爆笑。
(ワタシ? この間、聞いたところやから、、、、、)

続いて、桂 雀喜さん
この間聞いた、皿屋敷かと思いきや、花筏を。
花筏ならぬ、トクさんが夜這いにいって投げ飛ばされたとは知らなかった。
行事の呼び出しの声はよかったなぁ。

トリに登場。
桂 雀松さん
マクラから、「皆さん、いくら落語がすきでも、朝起きて米朝師匠が枕元にいたら、ちょっと息苦しいものがありますよ。」
山城名物ホ〜タル踊りから、稽古屋へ。
会場の笑いが大きかったのか、ちょっと声の通りが悪かったのか、、、、会場の笑いに次の話が聞き取れないところがありました。

で、今日は夫婦でお好み焼き屋で反省会(?)。
(子供達はどうしてるんや!!!!)

« 二十一日寄席〜文鹿・三ノ助二人会〜〔07-068〕 | トップページ | 枝さんの朝から落語会〔07-070〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第48回王寺寄席〔07-069〕:

« 二十一日寄席〜文鹿・三ノ助二人会〜〔07-068〕 | トップページ | 枝さんの朝から落語会〔07-070〕 »

最近のトラックバック