2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 笑いのタニマチ(72)〔07-059〕 | トップページ | RG〜松鶴☆はなしの会〜〔07-061〕 »

2007.06.29

天満のあがき〔07-060〕

繁昌亭では、たまに今日のように「ちょっとセレブ」っぽい人たちが多いときがある。
ひとつは桂歌之助さんの落語会、もう一つは林家のどなたかの落語会、特に林家染丸さんが登場されるときは会場がぐっとゴージャスになる。(ワイワイ一座なんて、すごいですよね。)

まずは、桂佐ん吉さん、道具屋。
谷文鳥のサインは実はおじさん自らが書いたって話や、首の抜けるひな人形に「こんにちは〜」「おまはんかいな〜、まあ、こっちお入り〜。」って落語遊びをさせたり。
笑いどころ満点。

続いて、桂歌之助さん、創作落語「はなしか入門(桂歌々志作)」。
8年目くらいの若い落語家が落語に悩む話。

次に、豊来家一輝さん
4月に繁昌亭で初めてみた大神楽。
今日は以前より短いバージョンなのか。前回は拍手で手が痛かった記憶がある。

次に、桂歌之助さん、骨つり。
アルバイト、、、でもないか、なにわ探検クルーズのネタから、船をこぎ出し骨つりへと。

トリ、桂歌之助さんの祝いのし。
歌之助さん、笑顔が多すぎ?
登場人物の演じ分けに、「表情」を使い過ぎなのかと思ってしまう。

« 笑いのタニマチ(72)〔07-059〕 | トップページ | RG〜松鶴☆はなしの会〜〔07-061〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天満のあがき〔07-060〕:

« 笑いのタニマチ(72)〔07-059〕 | トップページ | RG〜松鶴☆はなしの会〜〔07-061〕 »

最近のトラックバック