2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 噺劇〔07-057〕 | トップページ | 笑いのタニマチ(72)〔07-059〕 »

2007.06.24

枝さんの朝から落語会〔07-058〕

朝から大雨。
前売券を買っているので、、って重い気持ちでもなく、でもやっぱりちょっと憂鬱気分で出かける繁昌亭。

雨が降っているのに、開場は9時45分。
前にお客さんが並んでるんだから、ちょっと早めに開けてくれればいいのに。
商店街で、遠く繁昌亭を眺め、「ああ、まだ開かへんなぁ。」って見ていると、横の着物屋さんから着物の雰囲気のない若いノが出てくる。
あれれっ、瓶成さん。

商店街をぶらぶらして、時間をつぶしてから、入場。
二番太鼓が鳴り、、、、、あれっ、今日も笛がない。
緞帳が開き、名ビラには、笑福亭呂竹の字が。
最初は呂竹さんかと思っていると、先ほどの笑福亭瓶成さんの登場。
話し出すと、会場から「名ビラが違うぞぉ〜」との声。
瓶成さん、何度か聞いたマクラ「うまい棒」のあとは、「世の中には、ずいぶんいらちの方もおられるようで、」やばっ、またいらち俥か。と思っていたら、いらちの愛宕詣り。
ふむふむ、勉強してるんやん。

続いて、桂枝三郎さん
メクリの件は、二人が同期だと知らず、当日になってじゃんけんで出番を決めたためとのこと。
後のマクラは「ここだけの話」とのことで、ここには書きません。
演目は、なつかしいぜんざい公社。

続いて、笑福亭呂竹さん
マクラは今年の正月の話題から。楽屋で飲んだ話から飲み屋へ移っての話まで。
演目は、寄合酒。
最近、よくCDで松鶴さんのを聞いてますが、いい感じです。

トリ、桂枝三郎さん。
マクラで、怪談話のあれこれを。
桂 文紅さんの「どくろ顔」の話だとか、米團治さん、米之助さん、米朝さん、文枝さん(あやめ時分)、あと、露の五郎兵衛さんのエピソードなど。
こうした話が聞けるのは枝三郎さんの朝から落語会だけ。
演目は、足上がり。
こうしたネタも、なかなか「普通の」落語会では聞けません。

« 噺劇〔07-057〕 | トップページ | 笑いのタニマチ(72)〔07-059〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枝さんの朝から落語会〔07-058〕:

« 噺劇〔07-057〕 | トップページ | 笑いのタニマチ(72)〔07-059〕 »

最近のトラックバック