2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 枝さんの朝から落語会〔07-058〕 | トップページ | 天満のあがき〔07-060〕 »

2007.06.28

笑いのタニマチ(72)〔07-059〕

6時15分くらいに到着すると、すでに、Y氏の姿が。
隣席に座らせてもらい喋っていると、M氏が到着。

まずは笑福亭仁智さんのご挨拶。
「てなことで」を連発しつつ、落語会の紹介など。
「今度、久しぶりに古典落語をやりますので、、、、、みなさん、来ないように。」

最初の登場は、桂三ノ助さん、演目はGo Go バファローズ。
「先輩の桂 三風さんの落語は「客席参加型」やけど、私のは「客席一体型」んので、皆さん是非参加されるように。」
オリックスファンとバファローズファンのアベックの2004年から会話で成り立っている噺。
バファローズファンでもないので、どうしても「一体型」になれない。
野球もあんまり興味ないので、ついて行けへんかった。
バファローズファンなら楽しかったのかも。

続いて、黒紋付で登場した笑福亭仁智さん。
滋賀県の用地買収担当者の集まりでの落語会の話題がおもろかったです。
演目はトクさんトメさん。

つづいて、夫婦音曲漫才おしどりのお二人。
ワイヤーアートとパントマイムのケン(♂)とアコーディオンのマコ(♀)の音曲漫才。
横山ホットブラザーズから譲り受けた(?)という大きめのアコーディオンの音色が素晴らしく、もっと大きなホールでも十分広がるマコの声。
パントマイマー、ケンの「微妙」な動き。
おみやげが欲しかった。小さいものでいいから。


最後に、笑福亭仁智さん。
びっくり解体新書。
ビラにはネタおろしと書いてあったけど、調べてみると上方艶笑落語集にも収録されているネタ。
昭和61年に録音ってなってるので、新作ちゃうやん。
しかも、同時のジャケット写真を見ると仁智さんとは思えないフサフサヘアー。

終了後に見てみると、職場のもと同僚Hさんの顔も見えました。
で、Y氏は用事で帰り、M氏と一杯飲み、、、終電、、、、爆。

« 枝さんの朝から落語会〔07-058〕 | トップページ | 天満のあがき〔07-060〕 »

コメント

こんばんは。奈良の落語会のとき、思い出したように投稿させてもらっているイノマティーです。
今頃28日のことで投稿させてもらっても、気づいていただけないかもしれませんが。
職場から近いので、「笑いのタニマチ」にはよく行きます。この日も仁智さんを目当てに行ったのですが、おしどりさんが私を前に引っ張ってくださり、忘れられない会になりました。犬のネタの時に呼んでいただき、好き勝手なふるまいで演者さんに迷惑をかけてしまいました。針金細工の犬のアートを2匹もいただき、電車に乗せて帰ったのですが、家族にも好評でした。
おしどりさんのことは全然知らなかったのですが、ファンになりました。
落語以外の話題で申し訳ありません。

ええっ、あの「ふにゃむにゃ」さんが、イノマティさんだったんですか?
いやいや、多分帰りのエレベーターでもご一緒でしたよ。
大きな犬を連れた人。

いいですよね。あれ。
是非、土産に欲しかったんで、「おしどり」の出演をチェックしてたりして。
ワタシ、あれから谷町九丁目まで歩き、終電くらいまで飲んでしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑いのタニマチ(72)〔07-059〕:

« 枝さんの朝から落語会〔07-058〕 | トップページ | 天満のあがき〔07-060〕 »

最近のトラックバック