2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 城北にぎわい亭 | トップページ | 第39回あがき〔07-043〕 »

2007.05.18

島之内寄席〜五月席〜〔07-042〕

18:30 ワッハホール

070407030_2

午後、急遽出かけることになった打ち合わせ先から、直行。
Y氏も同様に別のところから直接ワッハへ。
で、いつもの席あたりに二人で陣取る。

例によって、二人で演目当て。
Y氏は動物園、鉄砲勇助、ちりとてちん、八五郎坊主、子はかすがい、二人ぐせ、と誰が何をするかを考えた推理。
ワタシは子ほめ、牛ほめ、元犬、へっつい盗人、猿後家、千早ふる、とどれか当たれば的発想。

さてさて、まずは、笑福亭松五さん、平林。
若々し、、、くはない声で、ちょっとおつかれ?

続いて、桂よね吉さん、延陽伯の改作、お公家女房。
よね吉さんらしい(?)くすぐりあり〜の、で、おもろい。

笑福亭遊喬さんで、芋俵(別名 いもどろ)。
実は、前の席が女性の二人連れで、ワタシ的には右側の女性なんかすごい美女(後ろ姿だけしか分かりませんが。)
そこに、こういう話でしょ、、、。最高ですね。
(これで、泥棒ネタ、へっつい盗人はなくなったか。)

桂 春若さん
マクラで、「仮に、今日のギャラが1万円とすると、、、1万円じゃないですが、仮に1万円とすると、、約20分間の仕事ですから、時間給3万円。
一日7時間働くと、21万円。
月に25日働くと、約500万円、、、、年収になおすと6000万円。」
演目は、天狗裁きの改作か、夢の喧嘩。
確か旭区民寄席か何かで聞いたことがありますが、春若さん、いいですねぇ〜。
ええ声、うまい間、、、。軽すぎず、かといって、渋すぎくもなく。

中入り後、桂梅團治さん。
島之内寄席の歴史から始まり、最近、もひとつ入りが悪い話、6月席からテコ入れして(繁昌亭とは異なり)演目を事前にお知らせするカタチになったとのこと。(演目当てができなくなった。)
「今日はテコ入れのはざまです。」演目は、なんと、8日の「花菱の会」と同じ、千早ふる。
(で、ワタシ1勝)

トリは、初めて聞く露の都さん。
これで、露の一門は全員聞いたことになるかも。
上方落語協会員ではない露のききょうさんも聞いてるし。
都さん、もともと落語は男社会だけど、最近は若い男の子がたくさん入門してきてて、若い子がいるとどきどきするってマクラから、演目は、子は鎹。
実は、都さん、誰かのブログによると「ただの大阪のおばはん」って書かれていて、(どうかな?)って思っていましたが、亀ちゃんの仕草、声、亀ちゃんをしかる様子、鰻屋に亀ちゃんを訪ねる様子など、見事に演じ分けていて、ちょっと感動しました。
いかんせん、島之内寄席は持ち時間が短いのか、もっと引っ張って泣かせる演出もできたのにって、逆に残念に思うところもあったりして。

久々にY氏と王将へ。
なんと、今月初めての反省会でした。
(Y氏は、もうすぐ職場がかわるので、職場での落語話題が減少しそうです。)

« 城北にぎわい亭 | トップページ | 第39回あがき〔07-043〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97448/6472584

この記事へのトラックバック一覧です: 島之内寄席〜五月席〜〔07-042〕:

« 城北にぎわい亭 | トップページ | 第39回あがき〔07-043〕 »

最近のトラックバック