2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 島之内寄席〜四月席〜〔07-032〕 | トップページ | 天王寺繁昌亭〔07-034〕 »

2007.04.21

二十一日寄席〔07-033〕

12:30 一心寺南会所

070407019

21日が土曜、日曜、祝日であれば、毎回でも行きたい一心寺南会所での二十一日寄席。
当日朝になってから、WEB予約ができた。

南会所前では、出演する3人が呼び込みをしている。
あ〜っ。カメラを持ってきたらよかった。

入場して、持参したお茶と、サービスのあべかわ餅を頂き、1番前の席に陣取る。
まずは、笑福亭瓶成さん。
「江戸荒物という噺をしますが、いつも、オチがわかりにくいので先に説明しようと思いますが、いかがですか?」
会場の意見を聞いて、説明なしで始めることに。
マクラは以前聞いたことがあったもの。
途中、大阪のお客さんに東京弁をしゃべらせるミスはあったものの、元気いっぱい、楽しめました。

続いて、桂ちょうばさん、二人癖。
何なんでしょうねぇ。この人。
何となく力が抜けていて、手を抜いてる訳でもなくて。いい〜い感じです。

ここまでで、約50分、トリの桂左ん吉さんはさてさて、何をやってくれるのかと思っていると、高津の富。
ネタおろしか?ちょっと練れてない感じもあったものの、40分の長講。
全体では1時間半で、1000円のお得な落語会でした。

ちょうばさん、佐ん吉さんを始め、入門同期の笑福亭鉄瓶さん、林家市楼さん、露の団姫さんらによる「同級生。」という落語会が平成19年5月19日に天満天神繁昌亭で開催されます。
おおっ。これは行きたい。

« 島之内寄席〜四月席〜〔07-032〕 | トップページ | 天王寺繁昌亭〔07-034〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二十一日寄席〔07-033〕:

« 島之内寄席〜四月席〜〔07-032〕 | トップページ | 天王寺繁昌亭〔07-034〕 »

最近のトラックバック