2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 二十一日寄席〔07-033〕 | トップページ | 枝さんの朝から落語会〔07-035〕 »

2007.04.28

天王寺繁昌亭〔07-034〕

天王寺アポロかルシアスの、1000円以上のレシートを添付して応募し抽選で当たる落語会。
職場の人に貰ったレシートで2件応募し、1件だけ当選。
嫁はんと一緒に出かける。

070428

まずは、桂 福矢さん。
以前にも聞いたことのあるマクラだったけど、場内はよく受けている。
今日は、よく見る方々(お客さんで)は見あたらず、落語初めてって人も多いみたい。
隣には、制服を着た高校生の女の子。
嫁はんとは、「誰を見にきていてるのか。」って話題。

演目は、牛ほめ。
いつもの福矢さんらしい、力みがないというか、脱力系というか。
いい感じです。

続いて、笑福亭銀瓶さん。
ワタシ、今一番おすすめです。

マクラで、「最近は、特に若い人たちの言葉が気になります。何にでも方(ほう)をつけてしゃべる。商品の方お預かりしますだとか、おつりの方○○円でございますだとか、、、、。では、落語の方始めます。」
演目は鉄砲勇助。
猪の金玉をつかんで、「ストレート、カーブ、フォーク」って!

続いて、桂きん枝さん。
延々吉本興業の話やNGKの話から、芸人の話につなげて、横山やすしさんの話からバクチの話へと行き、このまま落語せずに終わりかいなと思わせつつ、ネタは看板の一。

中入り後、登場した桂 坊枝さん。(中入りで結構お客さんは帰ってました。もちろん隣の高校生も。)
黒紋付きを着けている。
さてさて、何の話かと期待していたら、「本当にあった話でございますが、我々の先輩が、ある人が危篤だというのを亡くなったと間違えて、、、」あっ、「くやみ」かと思っていたら、「まあ、我々より商売の方々はいろいろなモノを売るのに、」あれれっ、道具屋?って思っていると、、「お酒に酔っての失敗というものも、、」何かいな?

答えは、蟇の油でした。
見事な酔っぱらいを演じて、会場中爆笑。

さてさて、トリの桂春團治さん。
演目はこの季節、野崎まいり。
男と女の歩き分け、舟の上と歩いてる人との描き分け。
結構、足腰使うと思うんですが。すごいですね。

例の羽織をしゅっと脱ぐところなんか、何度見てもかっこいいって思いますよね。

明日は、枝さんの朝から落語会、繁昌亭まで行ってきます。

« 二十一日寄席〔07-033〕 | トップページ | 枝さんの朝から落語会〔07-035〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97448/6247933

この記事へのトラックバック一覧です: 天王寺繁昌亭〔07-034〕:

« 二十一日寄席〔07-033〕 | トップページ | 枝さんの朝から落語会〔07-035〕 »

最近のトラックバック