2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 快楽亭ブラック毒演会 大阪篇〔07-030〕 | トップページ | 島之内寄席〜四月席〜〔07-032〕 »

2007.04.11

NHK上方落語の会〔07-031〕

070407017

まず登場は、笑福亭喬若さん。
かなりのハイペースで、牛ほめ。
ワタシ的には「ちょっと走ってる」くらいのペースでしたが、いかんせん客層が。
「上方落語の会」はどうしても年齢層が高く、周囲からは「何言うてるかわからへん。」との声も。

続いて、桂 歌之助さん、壺算。
桂小春團治さん、アーバン紙芝居。
このあたりで、周囲のお年寄りもついてきたか。

中入り後、桂 九雀さん、マクラで失業率の話から。
5パーセントもの失業率と世間では言いますが、上方落語界では200人以上の落語家がいて、毎日どこかで落語会があるとはいうものの、せいぜい、毎日20人くらいが働いているだけ。
200分の20、10パーセントの稼働率、90パーセントの失業率?

演目はリサイクルマンといって、「浮かれの屑より」の現代版。
ゴミの分別を仕事する男の話。

トリは、笑福亭松喬さんで、佐々木裁き。
35分くらいのお噺でしたが、さてさて、放送はどうなるのか。

« 快楽亭ブラック毒演会 大阪篇〔07-030〕 | トップページ | 島之内寄席〜四月席〜〔07-032〕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK上方落語の会〔07-031〕:

« 快楽亭ブラック毒演会 大阪篇〔07-030〕 | トップページ | 島之内寄席〜四月席〜〔07-032〕 »

最近のトラックバック