2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 笑いのタニマチ(70)〔07-015〕 | トップページ | あべの寄席〔07-017〕 »

2007.02.23

YOU-HEY落語会(8)〔07-016〕

2月23日ワッハで行われた第8回YOU-HEY落語会に、特派員H氏と落語会デビューM氏と同行。
三十数名の入り。半数程度は由瓶さんのファンか。

最初に、笑福亭由瓶さん、プログラムを見ながらのあいさつ。
「昨年12月に先輩の林家染左さんと二人会をやったときに、お互いに演目を指定するという試みだったが、染左兄さんから指定を受けた「こぶ弁慶」、クライマックスの所でネタが飛んでしまいまして、当日お越しのお客様に大変失礼を致しました。アンケートでお客様から「由瓶サイテイ。」とか書かれました。」
ここで、由瓶ファンのお客さんから「ひど〜い!」って声。

実はワタシ「由瓶最悪」って書きましたけど。

由瓶さん、「今日、そのときのお客さんはいらっしゃいますか?」
ワタシ、手を挙げないわけにも行かない。

「今日は、その日以来の再挑戦です。大変緊張しております。言い訳ですが、家で練習しているときでも、ちゃんとできたことはありません。」
って、そんなん挑戦ちゃうやん。ただの冒険、いや、自殺行為やで。
練習でパーフェクトになってから、金取ってやるんちゃうん?
で、いろいろな落語会のビラで、落語会の紹介。
受付の時に、由瓶さんは「五郎ちゃん、五郎ちゃん。」って桂雀五郎さんに手伝いを頼んでいたのに、雀五郎さんの落語会のビラには触れず。
(ここらで、ワタシの由瓶ファン度はマイナス90%)

最初に、桂 三幸さん、牛ほめ。
マクラは以前にも聞いたことがあるものでした。
開口一番で牛ほめって、結構しんどいでしょうね。いろいろ端折らなければならないけど、つながった話だし。

お客さんが固定客なのか、いろいろ私語があったり、高座の芸人さんに声をかけたりする。
それにいちいち反応してたらあかんのちゃうん?

次に、笑福亭由瓶さん、転失気。
ちょっとオーバーアクション。
以前にも書いたが、どうも言葉が気になる。
ちょっとしたイントネーションに違和感がある。

中入り後、桂 三金さん。安定というか、安心というか。
三金さんの古典落語は初めて聞いたのか、久しぶりに聞いたのか。
演目は、禁酒関所。

トリの笑福亭由瓶さん、さてさて、問題のこぶ弁慶。
「今日は、最後の弁慶の立て弁だけをちゃんとやれるように、、、、他の所は何とでも、なるもので、、」
おいおい、言い訳を聞きに来たんやないで。

大津の宿でございます、、、ってあたりから怪しい。
練られてへん。宿の客引きは自分の宿の名前をすぐに言えへんし、タイミングがずれたら2度繰り返してタイミングを取るし、、、、ちゃんと練習してるん?
弁慶の立て弁も、言葉は覚えてたみたいやけど、フリは、前回林家染左さんに、「手がちがうがな、それやったら熊や。中から外へ開くように広げて、」っていわれてたのに、ガオーッて感じの両手。

ここまでなら、由瓶ファン度マイナス95%ですむところ、最後に、二度とこの噺はやりませんって!
マイナス100%到達です。
今日はアンケートも書かずに会場を後にしました。

※実は、ワタシ、H氏、M氏3人とも、ある筋からのご招待券で行きました。
ので、今日は「金返せ」とは言えません。
三金さんも聞けたし。

H氏とM氏とのみにはいったけど、気分が乗りませんでしたねぇ。さすがに。

« 笑いのタニマチ(70)〔07-015〕 | トップページ | あべの寄席〔07-017〕 »

コメント

 由瓶さんの「こぶ弁慶」見ました。
 12月のトリイホールのリベンジだとか?
 最初の挨拶から、こぶ弁慶は、前回失敗した弁慶の口上(?)が出来たら、他のところはええねん、みたいな言い訳タラタラ。
 ほんまにそれでええのか?
 結果は、口上は一応言えたものの、噺は、つまったり、繰り返したり、ボロボロ。
 あげくの果てに「(この噺を)二度とかけない。」と言う。
 そんな失礼な話はないで!!
 そんな未完成の噺を客に聞かせてたんかい!!
 もっと死にものぐるいで練り直して、「由瓶のこぶ弁慶」を見せてくれや!!
今は、「my金を出してまで見たくはない落語家さんリスト」に入っています。
 今後に期待しています。

…「猫芸者」が飲めなくて、辛口批評の特派員でした。

三遊亭円楽師、いさぎええな~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YOU-HEY落語会(8)〔07-016〕:

« 笑いのタニマチ(70)〔07-015〕 | トップページ | あべの寄席〔07-017〕 »

最近のトラックバック