2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第12回玉造・猫間川寄席 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2006.12.27

笑いのタニマチvol.69

12月27日午後6時30分から、谷町6丁目の薬業年金会館5階和室で、笑いのタニマチ〜笑福亭仁智の新作落語道場〜が今年最後の落語会。
うちの会社からも、いつもの人や初めての人、たまに落語会に行く人、、総勢6人で出かけました。

今日は、いつもの時間に来たものの、いつもよりかなり多くの人。
年末にまたまたどうして?

まずは、例によって、笑福亭仁智さんのご挨拶から。

初っぱなは、桂 三枝さんの12番目のお弟子さん、桂 三幸さん。
頭の後ろに手を当てて、照れている(のか)ポーズが癖か。
演目は、立候補(桂 三枝作)。
僕も阿部くんに1票入れたという、いいオチ。

続いて、笑福亭仁智さん、そっとおやすみ(創作落語)。
自殺をテーマにした、ぜんざい公社風。
区役所の裏にある特殊法人自殺協会が舞台で、主人公は自殺志願の「ださいおさむ」。

次に、林家花丸さんの登場。
なるほど、今日の客の多くは花丸さん目当てか。
道理でいつもより、若い女性が多いような気がする。
花丸さんは、実は今日、師匠染丸さんのお宅の大掃除で、終わった後、一緒に食事。
この後、落語会があるというのに、ビールを勧められ、こんな小さいグラスに、12杯だけ飲んできたとのこと。

演目は、お父っつあんは魔法使い(小佐田定雄作)。
「おまえのような奴は、、、たとえて言うと、、、、、親不孝。」「例えてへんやん。」

トリ、、、、と言っていいのか。
ラストには、笑福亭仁智さんの新作ネタおろし、、、が、駄洒落コーナーになってしまってたけど。
次回のタニマチ、来年2月22日開催予定だそうです。
桂都丸の落語を聞く会(北京料理徐圓)の最終回に当たってしまった。さて、どうするか。
桂都丸の落語を聞く会は「最終回」ってなってるし。

まあ、1年の最後をしめくくるにはふさわしい、爆笑の一夜でした。

我が社の6人は、谷九経由、上六まで歩き一杯飲んで帰りましたとさ。

« 第12回玉造・猫間川寄席 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑いのタニマチvol.69:

« 第12回玉造・猫間川寄席 | トップページ | あけましておめでとうございます »

最近のトラックバック