2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 残暑御見舞枝三郎の会〜大師匠を偲ぶ 故文枝(こぶんし)の会 | トップページ | SOMEZA 5days〜初日〜 »

2006.08.19

RGふたり会 其の4〜雀々☆鶴二〜

久々のトリイ寄席。

今日は、RGふたり会 其の4 桂 雀々さんと、笑福亭鶴二さんの会。

例によって4階エレベーター前で入場待ちをしていると、エレベーターから桂つく枝さんが現れ、5階へ。
先ほどまで、故文枝の会におられたのに、今度はお囃子のお仕事か。
噺家さんって落語だけでなく、お囃子もされるので、我々の見えないところでも結構お仕事されているようですね。

最初に雀々さんと、鶴二さんがあらわれご挨拶。

まず最初に、桂しん吉さんで、道具屋。
昨日、まめださんの道具屋を聞いたばかりだったが。

続いて、笑福亭鶴二さんは、馬の田楽。
なめらかに、張りのある声で爆笑をさそう。
特に、子供(ちょっとアホな)を演じさせるとうまい。

次に、桂 雀々さんで、地獄八景亡者戯。
延々70分の熱演。
新たなギャグを随所に織り込んで、サゲも「大王(大黄)飲んで、、、、」ではなく、あたらしいもの(というか、雀々さん流のもの)。

会場内は冷房が効きすぎているのか、肌寒かったが、雀々さんは汗だらけになっている。
終了後、中入りにロビーあたりにいると、受付の人たちが話している。
どうしても舞台は照明の関係でかなり暑くなっており、観客席とは温度が違うとのこと。
(受付の人の説明「まあ、ローソンのからあげクンみたいなモンですわ。」)

トリは鶴二さん、三十石。
枚方あたりまでの短いバージョンでした。
雀々さんがあまりに長すぎたせいか。
是非、今度は、大阪まで聞かせてください。

« 残暑御見舞枝三郎の会〜大師匠を偲ぶ 故文枝(こぶんし)の会 | トップページ | SOMEZA 5days〜初日〜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RGふたり会 其の4〜雀々☆鶴二〜:

« 残暑御見舞枝三郎の会〜大師匠を偲ぶ 故文枝(こぶんし)の会 | トップページ | SOMEZA 5days〜初日〜 »

最近のトラックバック